【4月22日】

『中村かずひこ通信』の編集作業がようやく完了する。

この1年間、監査委員の仕事を仰せつかっていたため、議会内において一般質問などができなかった。そこで悩みとなるのが、通信にどのような内容を掲載するのかということ。

今回は『2月の大雪による農業被害と支援策』や『市制施行60周年記念事業』のほか、前回から始めた『数字で見る真岡市』で真岡市の市債の推移をお伝えすることにした。

それにしても、締め切り間際まで、原稿の作成・修正を繰り返しているため、印刷屋さんには毎回毎回ご迷惑をおかけしてしまい、心苦しく思っている。

『中村かずひこ通信 第44号』は、27日(日)に新聞の折り込みに入る予定。