【5月14日】

小山市内で行われた『栃木県都市監査委員会』の役員会・総会・研修会に、塚田浩史代表監査とともに出席。

032この『栃木県都市監査委員会』は、県内にある14市の監査委員で構成しているもの。平成25年度は、真岡市がこの会の監査(考えてみれば“監査オブ監査”なのですな)を務めていた。写真は総会において監査報告をする塚田代表監査。

県内各市で財政運営に厳しい目を光らせている監査委員の集まり…。したがって、役員会や総会の席上、会の予算の使い方や研修のあり方などについて厳しい意見も出された。

研修会では『今の時代に求められる監査』という演題で、公認会計士の矢野基樹氏による講演会が行われた。内容としては、主に自治体の内部統制制度導入に向けた動きや監査共同組織についてお話いただいた。

030先月、『全国若手市議会議員の会』の研修会で、関西学院大学大学院の石原俊彦教授のお話を聞いたばかりであるが、その内容と重なる点が多かった(石原教授と矢野氏は同じグループで研究をしているメンバーらしい)。

自治体の内部統制については、当初は大規模の自治体で行われる計画であるが、真岡市でも先々を見込んでの調査・研究は必要なことのように思われる。

このように監査委員だからこそ仕入れることのできた(機密事項ではない)情報について、議会など各機関といかにスムーズな連携を図っていくか…。

1年余計に増えた監査委員の在任期間の中で、自分に課せられた役割のように思える。