【7月1日】

真岡ケーブルテレビ(いちごてれび)に勤務していた頃の先輩、関根利明さんの通夜に参列する。享年46歳。当時の同僚から連絡を受け、あまりに突然のことで言葉を失う。

いちごてれびが開局したのは平成8年7月1日。奇しくもちょうど18年前のこと。

当時は、社員数も6名程度と少なく、何もかもが手探りの状態だった(だからこそ、面白い仕事だったとも言えますが)。

そんな中、夏祭りや高校野球、地元の様々な行事など、レポーター→私、カメラマン→関根さんという組み合わせで取材に行くことがとても多かった。

あの頃の楽しかった数多くの思い出に感謝の気持ちを込めて…合掌。