【10月27日】

この日、監査委員の仕事である出納検査(真岡市における収入と支出の状況調査)と定期監査が行われた。

今回、定期監査の対象となったのは、農政課及び生産調整推進室と区画整理課だった。

農政課及び生産調整推進室に対しては、今年2月に発生した大雪の被害の最終状況、市内の耕作放棄地の量と対策、減反政策の見直しが予定されている中での対策などについて質問した。

一方、区画整理課に対しては、現在施行中の長田、亀山北、中郷・萩田地区の区画整理事業の進捗状況や、現時点で区画整理の要望が出ている場所や今後の予定について質問した。

ちなみに、真岡市の区画整理事業の整備率は、施行済と施行中のものを合わせて55%(市街化区域1,678haに対し)に達している。

この数字は、宇都宮市の24%、小山市の37%、足利市の26%などを大きく引き離して、栃木県内の市町では断トツのトップとなっている。

出納検査・定期監査が終了した後、大急ぎで東京へ。

065東京都荒川区内で行われた『関東若手市議会議員の会』の研修会に参加。

今回の研修会では、(1)小中学生へのタブレット端末の配布と授業効果、(2)議会でのタブレット端末の活用、(3)統一選に向けたネット選挙への対応などがテーマだった。

このうち『議会でのタブレット端末の活用』については、神奈川県逗子市議会の長島有里議員が、昨年度から同議会でiPadを全議員(さらに市長をはじめとする執行部も)が携行し、全国初の“タブレット議会”に移行したことによる効果について報告をしていただいた。

071①ペーパーレス化したことで、資源や経費の節約につながるということは、効果としてイメージしやすいが、そのほかに②論戦を交わしている議員と執行部が、その真っ最中であっても必要な資料が検索できるため、より深い議論ができるようになったこと、さらに③課題となっている案件(例えば通学路の危険個所など)について画像付きで説明ができるようになったため、議会及び執行部の間で問題の共有化が図られやすくなったことなどが挙げられた。

個人的には、荒川区が実施している『小中学生へのタブレット端末の配布』について特に関心があったのだが、定期監査の終了後に駆けつけたため間に合わなかったのがとても残念。

幸い資料だけはもらうことができたので、後程じっくりと読んでみたいと思う。