【11月16日】

008『真岡地区公民館まつり』が青年女性会館前の広場で行われた。

このイベントは、地域公民館で日頃行われている活動の発表や物産展を開くことにより、地域間の交流を図ることを目的としている。

物産展の方は、毎年数多くのブースで『中村君、これ買っていけ!』と声をかけられ、帰る際には、地元で採れた野菜や、焼きそば、焼きイカ等々…、両手いっぱいの土産を抱えるのがお約束となっている。

009一方、ステージ発表ではお囃子や、日本舞踊、ハワイアンダンスなどが披露されていた。

私の地元である大谷公民館では『子どもお囃子会』が参加していたのだが、背丈が太鼓にも届かないほど小さな男の子も元気いっぱいの演奏を披露し、会場の笑いと拍手を誘っていた。

中村かずひこ通信64号