【9月19日】

この日、真岡市内の小学校では運動会が行われ、私は真岡地区内にある4つの小学校を、真岡西小学校→真岡小学校→亀山小学校→真岡東小学校の順にお邪魔させていただいた。

『運動会日和』と言うにふさわしい好天の下(やや暑かったですが)、子ども達はグラウンドを元気いっぱいに駆け回った。

『洪水の被害があったまちでは、運動会ができなかった所も多かっただろうな…』

毎年当たり前のように行われているスポーツイベントが当たり前にできることは、何とも幸せなことなのだと、今年は改めて痛感したりもする。

さて、いずれの小学校でも同じように見られた光景は、競技する子ども達以上に応援に熱が入る保護者の姿。

これまでは『あぁ、微笑ましいなぁ』と思っていたが…。

真岡東小学校に在籍している甥っ子2人が、ともにリレーの代表選手に選ばれ、無我夢中で声援を送る。

『行け~○○(甥っ子の名前)、ほれっ、早よ、前の奴抜かせっ!』(応援団ではなく来賓として呼ばれているのに)もしも、“前の奴”の保護者がいっらっしゃったら、『本当にごめんなさい』と謝るしかない。

う~ん、これで自分に子どもがいて運動会に出ていたら、どんなことになってしまうのだろうか。。。

028 033 036 039