【4月1日】

2016/ 4/23  9:01
この日の午後6時から、行屋川沿いにある水辺公園で桜まつりの点灯式が行われた。

この桜まつりは、昭和40年代に地元の商店主が中心となって、地域を盛り上げようと始められたもので今回で46回目となる。

何かを始めることは案外たやすいことかも知れない。しかし、それを継続させることは本当に難しい。

現在は『1万本桜まつり』として成長し、真岡市の春の風物詩として成長を遂げていることを考えると、この取り組みに長年携わってこられた方々の努力の積み重ねに、心から敬意を表したい。