【7月2日】

この日は、宇都宮市内で行われたヨガの講習会に。
妻・光江がヨガのインストラクターをしており、この講習会の企画・準備をした1人ということで、私もそのお手伝い(“婦唱夫随”ですなぁ)をする。
この講習会で指導をしたのは、ヨガに精通した人達の間ではカリスマ的存在であるマスター・スダカー。古代から伝わるヨガ本来のあり方を広める活動をしている。彼が宇都宮に来るのは、昨年8月以来。
レッスンは非常にハードで、前回彼が来た時に度々サボっていたら『ヘイ、カズゥ~~~!』と、その都度怒られた。
ただし、人柄はとても気さくな方で、場内案内を手伝っていた私とこんな感じでツーショット。

ちなみに、この日の講習会には県内外から70名を超える参加者があり、中には石川県から来た方(!)もいた。