【10月22日~24日】

芳賀地区の1市4町の正副議長で構成する『芳賀郡市町議会議長会』の行政視察に参加。

今回の主要テーマは『火葬場』と『し尿処理施設』の整備について。

(滋賀県豊郷町)

火葬場については、滋賀県豊郷町の『紫雲苑』を視察。

同施設は、彦根市をはじめとする1市4町(人口約15万6千人)で構成する『彦根犬上広域行政組合』が運営している。

旧施設は、稼働後30年が経過し、老朽化の課題が浮上していた。現在の施設は、平成27年にリニューアルされた。

写真は、火葬炉の裏側を見学している様子(ちなみに、いくつかの炉は稼働しておりました)。今後、芳賀地区でも火葬場のリニューアル(現在の施設は、稼働後40年が経過)が大きな課題となると思われる。

紫雲苑の担当職員から、最近の火葬場は炉だけでなく、ダイオキシン対策のためのバグフィルターや火葬後の冷却室を設ける必要があるとの指摘を受ける。現在の施設と比べて、バックヤードを広く確保することを視野に入れなければならないと感じた。

(滋賀県甲賀市)

一方、し尿処理施設については、滋賀県甲賀市にある衛生センター(運営は甲賀広域行政組合)を視察。

同施設は、甲賀市と湖南市(両市の人口は合わせて約14万6千人)をエリアとしており、し尿や浄化槽汚泥に加えて、生ごみの処理も行っている。

実を言うと、芳賀地域でも第1・第2環境クリーンセンターにおける使用期限の問題や施設の老朽化などの課題があり、速やかに解決していかなければならない。

今回視察した衛生センターは、汚泥の堆肥化を進めるとともに、生ごみから発生するメタンガスの活用も図っている。

ただし、処理コストの高さから、堆肥化は現在休止(汚泥は焼却処分)している。また、生ごみについても、メタンガスが大量に発生するため、実際に処理されているのは、甲賀市内の病院からのものにとどまっている。

循環型社会の形成に向けて、これまで国も力を入れ、手厚い補助も行ってきたが、芳賀地域における施設の再編・整備にあたっては、現実に即した内容にしていくべきであると思われた。