【1月25日】

東京都のJR有楽町駅前で行われた『もおか“いちご”フェスタin有楽町』に参加。

このイベントは、日本一のいちごの生産地・真岡市を、都市部にお住いの方々にPRするため、2年前から行っている。

特に、今回は『全国いちごサミットin真岡』の開催を目前に控えている(3月14日~15日開催)ということもあり、PRにも自ずと力が入った。

この日、900人分用意された無料配布用のいちごパック(2粒入り)には長蛇の列ができたほか、いちごの即売会や、いちご関連商品を扱った特設コーナー(真岡北陵高校の生徒達が開発したスイーツなども並びました)にも多くの人が詰めかけた。

我々議員の有志も、ビラ配りなどのお手伝いをしたが、東京の方々と直接お話してみて、真岡市を知っている方が想像以上に多いこと、そして反応の良さに驚かされた。

その一方、真岡市が日本一のいちごの生産地ということを知っている人はほとんどおらず、知名度アップを図るには、さらに地道な努力が必要であることを痛感した次第。