【7月15日】

この度、真岡市を活動拠点とする『コットンウェイ硬式野球倶楽部』が、全日本クラブ野球選手権北関東大会に初出場を決めた。この日は、その祝賀会が市内のグランドホテル静風で行われ、私も参加させていただいた(肩書きは…“クラブ公認応援団”らしいです)。

コットンウェイ硬式野球倶楽部は、平成14年に地元の高校球児OB達によって結成され、今年で10周年の節目の年を迎える。

チーム関係者宅のガレージを使ってティーバッティングをするなど、お世辞にも恵まれた練習環境ではないが、地道な努力の積み重ねで毎年着実に力をつけてきた。

ケーブルテレビに勤務していた頃、高校野球の実況を担当していた私にとっては、当時の球児達が今も白球を追い続けていることが何よりも嬉しくて、度々試合会場に足を運んで応援してきた。

今回初めて県予選を突破し、北関東の大舞台へ。ここで2勝すれば全国大会のキップを掴むことができる。北関東大会は7月28日(土)足利市の総合運動公園で行われる。対戦相手は、強豪の茨城ゴールデンゴールズ(いわゆる“欽ちゃん球団”)だが、何とか勝利をおさめてほしいところ。