近況報告

NEWS

【7月22日・PM】

ガマ刈りの後、電車で東京へ移動。明治大学公共政策大学院(首長、議員、行政職員などを対象とした大学院)で行われた『ケーススタディ』に参加した。平成20年に卒業した私にとって、久しぶりの大学院での勉強会だった。

大学院で学んだOBが、現場で実際に取り組んでいる課題について報告するだけでなく、それを参加者から徹底的に批評を受けながら議論を進めていく点が、他の勉強会とは違うところ。

今回のケーススタディでは、東京都議会議員が『首都直下地震が発生した際の対応』、森ビルの社員が『六本木ヒルズでの地域コミュニティづくり』、そして大田区長が『旧羽田空港跡地の利活用』について、それぞれ報告を行った。

特に、首都直下型地震の対応については、真岡市も地震と竜巻の被害を受けたこともあり、とても興味を抱いた。

この時、東京都が示しているシミュレーションが紹介されたが、

首都直下型地震の被害想定
死者 9700人(揺れ5600人 火災4100人)
全壊 11万6200棟
半壊 32万9400棟
火災発生 811件 ⇒ 焼失 18万8100棟
※東京湾北部地震(M7.3)のケース

とのことだった。平成7年の阪神大震災での死因の多くが建物倒壊による圧死等(83%)、東日本大震災では水死(92%)と比べ、火災による被害が大きくなると予想されている。

ただし、これはあくまでも東京都内に限った被害(自然災害は広域に及ぶことを考えると、自治体個々で被害予測や対策を行っていることは疑問に感じるところですが…)なので、栃木県の周囲でどのくらいの被害が出るのかは定かではない。

真岡市としては、2度の災害経験を糧としていかなければならない。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市の新年度予算案を審査】

真岡市議会では、議員による一般質問が終わり(その模様については、後日ご報告いたします)、2月29日(木)から常任委員会が開かれています。

 

今、全国の地方議会では、どこも新年度の予算審査の真っ最中です。でも、審査の方法は、議会によって大きく違うと思います。

 

真岡市議会の場合は、まず3つある常任委員会に予算審査を分割委託して、それぞれ2日間(計6日間)担当部署の予算案を審査します。そして、より慎重審査を期するため、全議員で構成する「予算審査特別委員会」で再審査する流れとなっています。

 

日程としては、
◆2月29日(木)、3月1日(金) 民生文教常任委員会
◆3月4日(月)、5日(火)    産業建設常任委員会
◆3月6日(水)、7日(木)    総務常任委員会
◆3月12日(火)         予算審査特別委員会
(※各委員会は、どなたでも傍聴することができます)

 

それぞれの委員会が異なる日に開催されているため、所属委員会でなくても傍聴して、予算審査特別委員会での質疑の参考にする議員も結構多いのが特徴です。

 

私も、所属は総務常任委員会ですが、29日の民生文教常任委員会を皮切りにしっかりと各委員会での同僚たちの議論を傍聴しながら、総務常任委員会、そして予算審査特別委員会にのぞんでいきたいと考えております。

 

写真は、真岡市議会で予算審査の際に用いる「予算書」と「主要施策等参考資料」。

 

真岡市議会でもペーパーレス化は進んでいるのですが、複数年度の資料と俯瞰しながら対比しやすいようにと、予算資料と決算資料に限っては紙資料が用意されます。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive