【7月30日~8月1日】

総務常任委員会の行政視察で、三重県松阪市と愛知県半田市を訪問した。

今回のテーマは『地域公共交通網形成計画』と『スマートフォンを活用して地域の課題を共有する仕組み』だった。

(松阪市)

松阪市は、平成17年に1市4町が合併をし、伊勢湾から奈良県境まで623.58k㎡という広大な敷地になった。

その一方で、各地域とも人口減少に伴い、従来からあった民間路線バスなど公共交通の廃止・縮小が大きな課題となっていた。

そのため同市では市町合併の直後から、市直営の路線バス(鈴の音バス)を走らせたほか、主に旧町を巡回する方式の『コミュニティバス』を運行している。

市内の主要な部分については民間路線バスが担い、それ以外の場所について鈴の音バスやコミュニティバスが補完する形をとっている。

ただし、それだけでは広大な市域を十分にカバーしきれないこともあり、現在策定中の『第2次公共交通網形成計画』において、より利便性の高い公共交通網を整えようとしている。

現時点において公共交通網の空白地帯となっているエリアに、コミュニティバスやデマンドタクシーなどを配置するという取り組みもあることながら、何よりも感心をしたのは、計画策定に地域住民を徹底的に巻き込んでいる点。各小学校区において住民との意見交換を重ねてきた。

また、単に『住民=お願いをする側』、『行政=お願いを聞き、解決する側』というだけでなく、住民から協賛金を募り、運営費に充てている点も大きな特徴と言える。

(半田市)

半田市では、スマートフォンを活用して地域の課題を共有する仕組みである『マイレポはんだ』について視察をした。

この取り組みは『FixMyStreet Japan』のアプリを活用して、市民が道路の破損・冠水、倒木、街灯の故障、不法投棄などについて、行政に直接改善を求める仕組みのこと。

半田市では、千葉市で取り組まれていた先例を参考に、平成26年10月からこの取り組みを開始している。これまでに、半田市をはじめ21の自治体が同様の取り組みを行っている。

これまでに、半田市では270名の市民が登録を済ませているらしいが、市としてはもっと多くの市民に活用してほしいと考えているようである。

ちなみに、事業スタートから4年半の間に、1070件の要望が市民から寄せられ、そのうち87%は土木課、防災交通課、都市計画課の3課に集中している。

また、市に対して無理難題を言う市民は、半田市の場合あまり見られないようで、対応不可と判断された要望は、全体の4.5%程度という。

昨今、行政に対する要望・苦情をどこに伝えればいいのかさえ分からない市民も決して少なくない。そうした状況を考えれば『マイレポはんだ』のような取り組みは、真岡市においても導入を検討してもいいのではないかと率直に感じた。

ただし『市民と行政による協働』の必要性が指摘される中、単純に『住民=お願いをする側』、『行政=お願いを聞き、解決する側』という構図にしてしまうようで、その点は大きな疑問として残ったのも事実。

導入を検討するにあたっては、そうしたメリット・デメリットについて冷静に分析する必要があると思われた。

【7月26日~28日】

3日間、真岡の夏祭りに参加。

台町の『䑓若』と地元・大谷地区の『伊夜日子会』を掛け持ちしながら、神輿担ぎと屋台運行に精を出す。

昨年は議長を務めていたこともあり、神事などに立ち会う機会が多かった。そのため『祭りに参加している』という実感はあまり持てなかった(その分、今までと違った角度から祭りを見ることができましたが)。

今年は、初日に行われた本社神輿の宮出しから、熊倉地区の神宮夏祭り。2日目のお祭り広場。そして最終日の台町の町内渡御や新高会・彫刻御輿の宮入りなどまで関わることができ、祭りを満喫した3日間となった。

【7月24日】

この日は、午後から所属会派『もおか新時代』の勉強会に参加。

現在『もおか新時代』では、議員個々の政策立案能力向上を目標に、月1回程度のペースで勉強会を行っている。

今回のテーマは『新庁舎周辺整備事業』について。新庁舎周辺整備推進室の古澤博之室長をはじめ3名の職員から話を聞く。

真岡市では、現在新しい庁舎を建設中(来年7月完成予定)だが、それと合わせて庁舎周辺の再整備も計画している。

対象となるエリアは、現在の本庁舎向かい側にある水道庁舎、建設部棟、教育委員会棟などの部分、約5500㎡。

現在までに民間事業者と連携を図りながら『サウンディング型市場調査』を重ね、今後5年程度で整備を進めていくこと。さらに、PPP(公民連携)やPFI(民間の資金・ノウハウ活用)なども視野に入れつつ、図書館機能や子育て支援機能などを有した施設整備を考えていることなど説明を受けた。

【7月15日】

現在、私が事務局を担当している『真岡自然観察会』で、毎年恒例のバス研修が行われた。

 

 

 

 

 

 

今回の目的地は、福島県南会津郡下郷町にある観音沼森林公園と、日光市の上三依水生植物園。お天気の方が心配だったが、幸いなことに雨もほとんど降らず、41名の参加者は珍しい山野草や野鳥の観察を楽しむことができた。

ちなみに、皆さんが観音沼で覗き込んでいるのは…、

 

 

 

 

 

 

和食の食材としても知られる『ジュンサイ』の花。このように小さくて赤い花が咲くということを、私も今回初めて知った。

【7月10日】

この日は、令和元年春の叙勲の栄に浴された方々をお祝いする『叙勲祝賀会』が行われた。

真岡市内では、上野玄一さん(旭日双光章・地方自治)、渡邉喜夫さん(瑞宝双光章・警察)、櫻井愼也さん(瑞光単光章・消防)のお三方が受賞された。

いずれの方々も、長年にわたってそれぞれの分野で活躍され、国や地域のために貢献されてきた。

特に、私にとって上野玄一さんは、真岡市議会において1期上の先輩であり、初当選直後の2年間は、文教委員会の正副委員長として一緒にお仕事をさせていただいた。

あの当時は30歳を過ぎたばかりで、現在と比べても相当生意気(今も変わりませんか?)だったため、上野委員長の手を随分焼かせてしまった。

それでも、幼馴染の倅(上野さんと私の母は小中学校時代の同級生でした)ということもあったためか、色々と親切にご指導を受けたことが、懐かしく思い出される。

【7月7日】

この日、地元・真岡市にある社会人野球チーム『コットンウェイ硬式野球倶楽部』が、全日本クラブ野球選手権大会関東大会に、栃木県代表として出場することを記念して壮行会が行われた。関東大会への出場は3年ぶり4回目のこと。

『コットンウェイ硬式野球倶楽部』は、地元の高校で白球を追いかけた元球児達によって、平成14年に設立された。4年前からは特定非営利活動法人となり、実は私も同法人の理事を仰せつかっている。

クラブ設立以来、地道な取り組みを継続し、最近ではクラブ選手権の関東大会や、都市対抗野球の北関東大会に、栃木県代表として度々出場するまでに力をつけてきた。

強豪チームがひしめく中で、全国大会のキップをつかむことは決して容易ではないが、選手の皆さんには何としても頑張って欲しいところ。

【7月2日~3日】

『全国若手市議会議員の会』と、そのOB会による合同の研修会が、滋賀県東近江市と近江八幡市において行われた。

今回の研修会では、特別企画として『新人議員との意見交換会』や『法定ビラ研究ワークショップ』が行われたほか、『災害時の内部統制の取り組みについて』と題してNTTデータの方々から、さらに『VR安土城事業について』と題して近江八幡市の担当者からお話を伺った。

今春の統一地方選で新しく議員になった方々と意見交換の機会を持つことができた。

新人議員の中には、縁もゆかりもない土地で出馬を決意し、私達では考えられないような工夫や苦労を重ねながら(出身地から選挙に出ているだけでも、私は恵まれているのだな…と思い知りました)、当選を勝ち取った人もいる。

新人の方々からは『市民とのコミュニケーションのあり方』、『会派の存在意義』など、色々とご質問を受けた。今回の意見交換は、私達OBにとって初心に立ち返る機会にもなり、大変にありがたかった。

また、2日間の研修の後、以前から視察したいと思っていた近江八幡市の『風景づくり』(『景観法』に基づくまちづくりは、全国で初めての取り組み)について、同市の担当職員の方に個人的にヒアリングをすることもできた。

現地世話人として、私のわがままにも快く対応してくださった、東近江市の戸嶋幸司議員には心から感謝!

12月議会バナー