【2月27日】

質疑・一般質問の1日目。

この日、私は2人目として登壇し、会派『もおか新時代』を代表して5件の課題について質問を行った。

1.『全国いちごサミットin真岡』終了後の対応について

①今後の開催方式について

②本市においての『アフターイベント』について

2.コミュニティFM局の開局について

①開局後の番組編成と有事における放送体制について

②FM局全体としての運営費や収入などについて

3.真岡鐡道に対する支援策について

①『真岡鐵道経営安定補助金』について

②今後更新が必要となる設備について

③利用者増に向けた取り組みなどについて

④DMV(デュアル・モード・ビークル)について

4.市街化調整区域の今後のあり方について

①栃木県が実施する市街化調整区域の開発許可基準緩和について

②地域住民と行政が研究・議論を行う場の設置について

③東沼小学校の利活用について

④山前南小学校、中村東小学校、中村南小学校の利活用について

⑤廃校後の利活用を促進するための支援策について

5.学校給食センターの整備計画について

①『学校給食センター整備基本計画』について

執行部は答弁の中で、

◆今年11月に開局予定の『コミュニティFM』は24時間の放送体制とし、災害時にも対応できるよう『AIアナウンサー』の導入を検討していること

◆今後、真岡鐵道の施設更新費として約2億900万円(うち真岡市負担分は3170万円)を見込んでいること   などを明らかにした。

また、延期が決まった『全国いちごサミット』であるが、今後の開催方法については『全国の主要産地などで、継続的に開催できることが望ましい』との考えを示した。

【2月26日】

この日行われた議員協議会において、石坂市長から3月14日(土)、15日(日)開催予定の『全国いちごサミットin真岡』について、当面の間延期することが発表された。

これは、現在大きな課題となっている『新型コロナウイルス』の流行を考慮してのもの。

実を言うと、この5日程前に同僚議員から『いちごサミットは延期すべきではないか』という疑問が投げかけられた際には『そこまでの必要はないのでは…』と感じていた。

しかし、それ以後の感染拡大の速度には言葉を失う。自然災害とは全く異なる恐ろしさを痛感した次第。

元々『全国いちごサミット』は、石坂市長の公約の目玉として掲げられてきたもので、2年以上にわたって準備が進められてきた。そのため、市長や実行委員会をはじめ、このサミットの準備に携わってきた方々にとって、本当に苦渋の決断だったと思う。

しかし、現在の状況を考えると、最も賢明な判断ではなかったかと考える。

【2月24日】

久保記念観光文化交流館で『鬼怒乃家船遊没後10年追善落語会』が行われた。

鬼怒乃家船遊こと秋山聿之さんが、病気によりお亡くなりになったのは平成22年のこと。早いもので10年の月日が流れた。

盲導犬を連れた全盲のアマチュア落語家として各方面で知られ、真岡落語研究会の仲間として私達と一緒に活動をしてきた。

彼が生前に高座で披露した落語のネタは約400にも及ぶ。1つのネタを覚える労力を考えると、本当に驚くべき数字と言うよりほかない。

この落語界では、秋山さんと一緒に活動をした経験のある7名が高座に上がり、私も出演をさせていただいた。

さて、この日は読売新聞の記者の方が、私達の会の取材に来てくださり、後日(3月4日の栃木版)に記事が掲載された(大感謝です!)

【2月23日】

この日は、義理の両親の『慰労会』が行われた。

これまで約50年間、自宅の庭先の工場でゴム加工品の製造を続けてきたのだが、この度、その工場を閉じることになったのである。

私にとって一番思い出深いのは、妻と入籍をした日、家まで迎えに行った時のこと。

『じゃあ、お父さん行ってくるよ』

『おぉ』

義父は、妻の方を振り返ろうともせず、ランニングシャツ姿(夏の工場は本当に暑いのです)で、黙々とプレス機と向き合っていた。

2人とも朝から晩まで働きどおしで、4人の子ども達を育ててきた(本当に今までお疲れさまでした!)。

 

【2月22日】

五行川沿いで行われた『白鳥観察会&クリーン作戦』に参加した。

このイベントは、私が事務局の仕事を仰せつかっている『真岡自然観察会』の恒例行事。

真岡市北運動場に集合した参加者達は、真岡市北運動場と田島大橋を往復しながら、参加者達は川沿いのごみを拾っていった。

折り返し地点である田島大橋は、毎年この時期に白鳥が飛来することで話題となっている。

川面では、たくさんのオオハクチョウ、コハクチョウ、さらにはオナガガモやオオバンなどの姿も(もはや“カオス状態”)。この日は計23種類の野鳥を観察することができた。

ちなみに、オオハクチョウはシベリアの湖沼地帯、コハクチョウは北極圏のツンドラ地帯から飛来するのだという。五行川には毎年11月はじめから、3月中旬(多少のズレはありますが)あたりまで滞在している。

こうした自然環境が維持されていることを誇らしく思う一方で、毎年残念に思うのはごみの多さ…。短時間の作業ながらご覧の状況。。。

川のごみは、生き物の住処を奪い、誤飲や絡みつくことで命を奪う原因にもなる。私達1人1人の意識を向上させることが何よりも大切だと改めて思う。

【2月19日】

この日、2月定例議会が開会した。

この時期の定例議会は、新年度の当初予算についての議論が中心となるため“予算議会”と呼ばれている。今回、執行部からは『令和2年度一般会計予算』をはじめ計36議案が提出された。

予算の内示があった2月10日の日記でも書いたが、真岡市にとって令和2年度の予算は、石坂市政の任期4年目の市政運営にかかる予算というだけでなく、新庁舎建設やいちごサミットなどの大きなプロジェクトのその先を見据えていく上でも、極めて重要な意味を持つものであり、しっかりと議論を深めていきたいと思っている。

日程は以下の通り。

2/19 開会
27 質疑・一般質問
28 質疑・一般質問
3/ 3 民生文教常任委員会
民生文教常任委員会
産業建設常任委員会
産業建設常任委員会
10 総務常任委員会
11 総務常任委員会
16 予算審査特別委員会
18 閉会

なお、2月27日(木)と28日(金)の2日間行われる質疑・一般質問には、以下の10名の議員が登壇する。私も27日の2人目として、会派代表質問を行う予定。

2月27日

柴惠、中村和彦、佐々木重信、大貫聖子、七海朱美

2月28日

藤田勝美、飯塚正、栁田尚宏、麦倉竹明、櫛毛隆之

【2月17日】

この日の午前中、質疑・一般質問を行う議員による『調整会議』(質問の順番決めや重複した質問内容の調整)や担当課によるヒアリングなどが開かれた。

そして、午後からは朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、視覚障がい者のための音訳作業。

ちなみに、この作業は総合福祉保健センター内の一室で行われるのだが、この日は偶然、妻も地域で仰せつかっている『地域福祉推進員』の仕事で同じ場所に。

同じ職場にいるなら分かるが、全く違う仕事をしているのに、左の部屋では夫が録音中、右の部屋では妻が会議中…。何とも不思議な気分。

【2月15日~16日】

作新学院大学で開催された『全国若者・ひきこもり協同実践交流会inとちぎ』に参加した。

この交流会は、全国で若者支援やひきこもりの課題に関わっている人々が一堂に会して、情報を旧友させることを目的としている。

平成18年に和歌山県で第1回大会が開催されて以降、毎年開かれており、今回で15回目となる。

2日間にわたって、居場所づくりや仕事のあり方、行政と市民団体との協働など、様々なテーマでシンポジウムや分科会が行われた。

真岡市においても、これから栃木県子ども若者ひきこもり総合相談センター『ポラリス☆とちぎ』と連携して、ひきこもりの課題に対する取り組みを進めていく予定で、事例報告をされた佐野市の取り組みなどは特に参考になった。

【2月12日】

12日から14日まで、適応指導教室『ライブリー教室』の作品展が行われ、初日だったこの日、同僚議員達と一緒に訪問する。 書道や絵画のほか、真岡木綿で作ったコースターなど、彼らが制作した数々の力作が展示されていた。

何よりもうれしかったのは『ライブリー教室』に通っている生徒さん達が、作品について照れながらも、我々に一生懸命に説明してくれたこと。 この1年間、彼らが悩みながらも、1歩1歩力強く歩んできた証がそこにある。

【2月10日】

この日、議員協議会が開催され、新年度の当初予算案について執行部から内示があった。

それによれば、令和2年度は一般会計が352億5000万円(今年度比11.0%減)、特別会計が158億2438万3千円(今年度比2.0%減)、水道事業会計が23億7711万1千円(今年度比0.9%減)、下水道事業会計が38億8281万円(今年度比46.4%増)となり、当初予算の合計は573億2430万4千円(今年度比5.6%減)とのこと。

ちなみに、これまで特別会計だった下水道と農業集落排水事業が、新年度から1つにまとまって公営企業会計となり、減価償却分が計算に加わるため、大幅な増額となっている。

新年度の予算は、

  • 石坂市政にとって任期最後の4年目の市政運営にかかる予算
  • 『真岡市総合計画2020-2024』の初年度の予算
  • 新庁舎建設やいちごサミットなどの大きなプロジェクトが一段落し、その先を見据えていくための予算

ということで、とても重要な意味を持つ。

私達議員1人1人がそれぞれの目で、しっかりとチェックをしていかなければならない。

 

【2月5日~7日】

現在、私が代表を務めている会派『もおか新時代』の視察研修で、広島県廿日市市と尾道市、そして山口県の山陽小野田市を訪れた。

今回のテーマは①商店街の活性化、②空き家再生、③学校給食センターの3つだった。

(廿日市市)

廿日市市は『けん玉』の発祥の地とされていることから、平成26年に廿日市駅前の商店街を『けん玉商店街』という愛称に改めた。

廿日市市の観光協会などが『けん玉ワールドカップ』を誘致させ、それに合わせて『けん玉』の専門店がこの商店街に出店したことなどが、商店街に愛称をつけたきっかけとなっている。ちなみに、ワールドカップは平成26年から同市で毎年行われ、今では約200ヶ国から競技者が集まる1大イベントとなっている。

商店街の各加盟店でも『けん玉』を軸とした活性化策に協力的(1つのことにみんなで盛り上がろうとする意識が大切だと思いました)で、視察中に立ち寄った和菓子店の『けん玉もなか』をはじめ、商品開発にも熱心だ。

こうした取り組みについて、マスメディアなどへ繰り返し情報発信をすることにより、商店街の認知度が市外にも徐々に高まり、新規出店への問い合わせ件数も増加傾向にあるという。

なお『けん玉商店街』は、平成28年度に中小企業庁の『はばたく商店街30選』にも選ばれている。

(尾道市)

私達に説明をしてくれたNPO法人『尾道空き家再生プロジェクト』の豊田雅子氏は、大学卒業後、大阪でツアーコンダクターの仕事をしていた。そうした中、ふるさとの尾道市で空き家が増加しているというTVニュースを目にする。

彼女が尾道へ戻り、当初は自身のセカンドハウスを探していたのだが、徐々に空き家再生の取り組みに活動を発展させていったのは平成18~19年頃から。

今回の視察で『見事だな~』と思ったのは、地元の情報の発信の仕方(ネガティブな情報さえ、楽しく発信していました)と、それでも尾道への移住を希望する人々に対するキメ細やかな取り組みである。改修のアドバイスや専門家の派遣、さらには実際の改修作業の補助までサポート体制を整えている。また、子育て世代を対象としたサロンも設えているのも大きな特徴として挙げられる。そうした取り組みは、2年前に視察で訪れた徳島県神山町のNPO法人『グリーンバレー』に相通ずるものがあると率直に感じた。

現在、NPO法人『尾道空き家再生プロジェクト』では、尾道市が行っている空き家バンクの業務の一部を受託している。

同法人が扱っているエリアは、約500軒の空き家があるとされている尾道市の中心部などだが、これまでに成約に至った物件数は約120軒に及び、今もなお海外在住者を含めて約1500人が、空き家物件の情報提供を求めているというから驚きである。

(山陽小野田市)

山陽小野田市の学校給食センターは、平成30年9月に本格稼働をしたばかり。全国的に見ても非常に新しい施設である。

国際的な食品衛生基準であるHACCP(ハサップ)にも適合し、調理室においてはスタッフの移動さえも極力抑え、食べ物だけを移動させる『パススルー方式』が採用されていた。

また、食物アレルギーの子ども達専用の調理室も完備しており、最新の給食センターとはこういうものなのかと驚かされた。

1月に会派で真岡市の第一学校給食センターを視察したばかりだが、昭和54年4月の供用開始から40年以上が経過しており、施設の老朽化や食物アレルギーへの対応ができていないなど課題が多い。

現在、同センターの『整備基本計画』の修正作業が進められているところだが、今回視察した山陽小野田市の学校給食センターの状況と比較しながら、その内容に注目していきたいと思う。

 

【2月4日】

真岡中学校で行われた立志式に出席。議長の代理として、祝辞を述べさせていただいた。

今年、同校では176名の2年生が立志式を迎えたが、その中には私の甥っ子も…。

中学校への入学が、最近の出来事のように感じていたが、あと数ヶ月で最高学年。今は所属している部でキャプテンも務めているという。時の流れの早さを感じずにはいられない(ちゃんと勉強もしろよ!)。