近況報告

NEWS

【8月20~21日】

香川県坂出市で行われた『全国若手市議会議員の会』の総会・研修会に出席。

『関東若手市議会議員の会』の会長に就くことになった私は、総会の席上で関東エリアにおける新年度(今年9月~)の事業計画を発表させていただいた。

今月の上旬に山梨で行われた『関東若手市議会議員の会』の総会でもお話しさせていただいたが、新年度は研修の回数や内容を見直し、議員同士が切磋琢磨できる場所をより多く設えていきたい。

また、学んだことをそれぞれの地元で考えするのはもちろんのこと、国や各自治体に対しても政策提言できるような機会も設けていければ…と考えている。

ちなみに…自分の隣の方は現在『関東若手市議会議員の会』会長の中村勝彦議員(山梨県・甲州市議)。『ナカムラカツヒコ』が当年度の事業報告を行い、『ナカムラカズヒコ』が新年度の事業計画を発表。偶然のこととは言え、聞いている参加者も少し混乱をしたのではないだろうかと思われる(泊まったホテルでも、フロントで名前を告げて渡されたルームキーが中村現会長の部屋のものだった)。

総会の後、2日間にわたって行われた研修会では、愛媛県新居浜市の元職員で愛媛大学農学部教授をされている森賀盾雄氏と、讃岐うどんブームの火付け役となった田尾和俊氏(映画『UDON』で、ユースケ・サンタマリアが演じた主人公のモデル)が講師として招かれた。

お2人とも地域の活性化に長年奔走されてきた方で、その手法や発想は、地域事情が異なるところに住んでいる我々にとっても参考になる点が多かった。うどんによるまちおこしを仕掛けた田尾氏に『食べ物だけで観光客を引っ張ろうというのは大きな間違いです』と言われたのには少し驚いたが、今、観光事業の取り組みとして“地域全体を売り出す”必要性が盛んに叫ばれていることと当てはめて考えれば、それは当然の話かもしれない。

(余談)

今回の総会は香川県で行われたが『さすがっ!』と思ったのは、朝食をとったのがホテルではなくうどん屋だったこと(各地区から集まった参加者の移動などを考えると、企画した四国の議員さんたちは大変だったと思うが)。

『香川県民は朝からうどんを食べる』とは聞いていたが、地元でも評判の人気店ともなると、近所の人と観光客が入り混じって早朝からご覧の大行列…(私の後ろにも相当の人が並んでいるとお考えください)。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市・斗六市(台湾)友好都市締結1周年記念式典】

5月19日(日)の午前中、KOBELCO真岡いちごホール(真岡市民会館)において、真岡市と斗六市(台湾)の友好都市締結1周年を記念する式典が行われました。

 

台湾の中南部にある雲林縣、その県庁所在地である斗六市との交流は、1983年に真岡ロータリークラブと斗六ロータリークラブが姉妹クラブを締結したことに端を発します。その後、1993年には真岡西中学校と斗六市の正心高級中學が姉妹校締結をするなど、民間ベースでの交流が続けられてきました。

 

両市が正式に友好都市となったのは昨年のこと。

 

今回の式典では、両市をオンラインで結び、真岡キッズハーモニーによるオープニング演奏、両市の市長による式辞に続いて、両市の交流の歴史やそれぞれの農産物紹介、記念品御交換などが行われました。

 

写真は、現地から式辞を述べている斗六市の林聖爵市長。

 

ちなみに、真岡市はいちごの生産量が日本一ですが、斗六市はミカンや文旦など柑橘系の栽培が盛んな地域です。今後はそうした経済・産業面での交流も期待されます。

 

なお、斗六市の皆さんは、今年10月5日(土)に予定されている「真岡市制施行70周年記念式典」に合わせて、多くの方々が訪問団として真岡市にいらっしゃる予定です。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive