近況報告

NEWS

【1月21日①】

004午前中、議員協議会が行われた。今回の協議会では、市役所の新庁舎建設について執行部から説明があった。

真岡市役所の庁舎は昭和32年に建てられたもので、すでに築56年が経過している。鉄筋コンクリートの耐用年数である50年を超過しており、新庁舎の整備については長年にわたって議論された課題だった。平成8年から積み立てられた庁舎建設基金は約21億4800万円に及んでいる。

最大の課題は、市庁舎建設のための用地確保だったが、隣りにある栃木県庁芳賀庁舎が移転(現在の市営荒町住宅の場所)することに伴い、県と市で土地を交換するような形で、約13500㎡の敷地を確保することができた。

来年度は、市民などをメンバーに含めた検討委員会で基本計画を策定。その後、基本設計、実施設計、建設工事、外溝工事、現庁舎解体などを経て、新庁舎のオープンは平成31年度を予定しているとのこと。

建設費用については約60億円と予想されているが、今後東京五輪や被災地復興などにより、建設コストは上がることも懸念される。そのため、庁舎の規模や機能、新庁舎オープン後の行政組織のあり方、庁舎周辺環境の整備手法などはもちろんのことであるが、オープンの時期についても議論を要するように思われる。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市議会は 281位】

早稲田大学マニュフェスト研究所が毎年発表している「議会改革度調査ランキング」。

 

全国の1784議会(都道府県議会+市区町村議会 ※能登半島地震で甚大な被害のあった4つの自治体を除く)の中で、真岡市議会の改革度は281位。上位300議会の1つに位置づけられました。

 

ここ数年の推移を見ると、281位(2020年)→ 298位(2021年) → 287位(2022年)という状況です。

 

この調査は概ね「情報共有」、「住民参画」、「議会機能強化」の3分野が評価対象となります。

 

約10年にわたって取り組んできた議会改革が、一定の評価を受けていることは議員の1人として嬉しく思いますが、今後の課題は特に「機能強化」。議会の政策立案能力をいかにして高めていくかであるように思います。

 

議会改革は、まだまだ道半ば。引き続き頑張ってまいります!

 

なお、議会改革度調査の詳細については、こちらをご覧ください。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive