近況報告

NEWS

【 10月31日】

088鬼怒水辺観察センターで『鬼怒の水辺の鳥を見てみよう!~オオバンの池 自然観察会&保全作業~』が行われた。

107このイベントは、損保ジャパン日本興亜と日本NPOセンターが、全国の都道府県で希少生物を守るために展開している『SAVEJAPANプロジェクト』の一環として行われたもので、真岡市での開催は今年8月に続いて2回目。

私は、主催団体の1つである『真岡自然観察会』の事務局として、このイベントに関わっている。

以前にも触れたが、鬼怒水辺観察センター周辺の土地は、元々砂利の採取場だった。しかし、業者が埋め戻しをする前に頓挫してしまい、それ以降は農業用水がたまって『人工池』のような状態で放置されていた。

102地元の方々は当初埋め立てを要望していたが、その後大変珍しい野鳥(オオバン)やトンボ(オオキトンボ、マダラヤンマ)の生息が確認され、市が方針を変更して観察センターとして活用が図られることとなった。

109この日は、市の内外から33名が参加。主催者側の予想を上回る人数で、少しずつこのイベントが定着・浸透していることを実感したような次第。

また、観察した野鳥についても、カモ類のほか、オオバンやハヤブサなども確認され、計32種類の野鳥を見ることができた。

095ただし、1つだけ残念だったのは、観察地周辺で拾ったごみの多さ。たばこの吸い殻や空き缶、弁当の空き箱にいたるまで、『なぜ、こんなごみが、こんな場所に捨てられているのか?』と、首をかしげたくなるようなものが捨てられていた。

108一生懸命ごみを拾ってくれる子ども達の姿を見ていると、このまちに住む大人の1人として、本当に情けなく申し訳ない気持ちになる。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市・斗六市(台湾)友好都市締結1周年記念式典】

5月19日(日)の午前中、KOBELCO真岡いちごホール(真岡市民会館)において、真岡市と斗六市(台湾)の友好都市締結1周年を記念する式典が行われました。

 

台湾の中南部にある雲林縣、その県庁所在地である斗六市との交流は、1983年に真岡ロータリークラブと斗六ロータリークラブが姉妹クラブを締結したことに端を発します。その後、1993年には真岡西中学校と斗六市の正心高級中學が姉妹校締結をするなど、民間ベースでの交流が続けられてきました。

 

両市が正式に友好都市となったのは昨年のこと。

 

今回の式典では、両市をオンラインで結び、真岡キッズハーモニーによるオープニング演奏、両市の市長による式辞に続いて、両市の交流の歴史やそれぞれの農産物紹介、記念品御交換などが行われました。

 

写真は、現地から式辞を述べている斗六市の林聖爵市長。

 

ちなみに、真岡市はいちごの生産量が日本一ですが、斗六市はミカンや文旦など柑橘系の栽培が盛んな地域です。今後はそうした経済・産業面での交流も期待されます。

 

なお、斗六市の皆さんは、今年10月5日(土)に予定されている「真岡市制施行70周年記念式典」に合わせて、多くの方々が訪問団として真岡市にいらっしゃる予定です。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive