近況報告

NEWS

【7月7日②】

真岡青年会議所主催の講演会『日本人の心 ~次代につなぐ私たちの在り方~』が、大前神社の境内で行われ、参加をさせていただいた。
今回、講師を務めた東條英利氏は、東條英機元首相の曾孫にあたる。

非常に特別な家系に生まれたため、自身のあり方には悩み続けたらしく、社会人になって以降は、海外での生活が長かったようである。
しかし、日本の外に身を置いたことにより『日本とは?』『日本人とは?』ということを見つめ直すことにつながったという。
私の家では、父方の祖父がさきの大戦で命を落としている。『東條英機』という名前には強烈なアレルギーを持つ祖母に育てられたこともあってか、私自身、今回の講演会を当初は好奇の眼差しで眺めていた部分がある。ただし、講演内容については本当に素晴らしく、東條氏の豊富な知識に基づいた話は、私達が『日本人の誇りとは』ということを考えるのに、極めて適した教材だったと思う。
だからこそ『そうした日本人が、なぜあのような悲惨な戦争に突入してしまったのか』ということについて(それは本当に難しいことでしょうが)、見解を聞きたかったという思いもあったのは事実だが…。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市議会は 281位】

早稲田大学マニュフェスト研究所が毎年発表している「議会改革度調査ランキング」。

 

全国の1784議会(都道府県議会+市区町村議会 ※能登半島地震で甚大な被害のあった4つの自治体を除く)の中で、真岡市議会の改革度は281位。上位300議会の1つに位置づけられました。

 

ここ数年の推移を見ると、281位(2020年)→ 298位(2021年) → 287位(2022年)という状況です。

 

この調査は概ね「情報共有」、「住民参画」、「議会機能強化」の3分野が評価対象となります。

 

約10年にわたって取り組んできた議会改革が、一定の評価を受けていることは議員の1人として嬉しく思いますが、今後の課題は特に「機能強化」。議会の政策立案能力をいかにして高めていくかであるように思います。

 

議会改革は、まだまだ道半ば。引き続き頑張ってまいります!

 

なお、議会改革度調査の詳細については、こちらをご覧ください。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive