近況報告

NEWS

【7月29日】

市民会館小ホールで『八月の会』が主催する『今、次世代に伝えたいこと』が行われた。
この催しは、市民の有志である『八月の会』が、平和の大切さと戦争の悲惨さを後世に伝えようと、戦後60年を迎えた平成17年から毎年行っているもの。
私は、この会で顧問を仰せつかっている。
空襲や原爆、特攻隊など、毎回テーマを変えて戦争について考えるのが特徴となっており、今回は、シベリア抑留を経験された市内在住の左川誠さんをお招きした。

左川さんは、中国(旧満州)の牡丹江で終戦を迎え、その後約2年8ヶ月にわたってシベリアでの抑留生活を強いられた。
戦争終結後、やっと日本に帰れると思い、ソ連軍に指示された通りに乗り込んだ鉄道が、全く逆の方向に進んでいたことが分かった時の絶望感…。
厳しい強制労働で体力が衰え、次々と亡くなっていった仲間のこと…。
何も身に着けず、マネキンのような死体が積み重ねられていた霊安室での様子…。
左川さんは我々に語りながら、当時のことが思い出されたのだろう。時折感極まって、言葉に詰まるシーンが見受けられた。
この日の来場者に数多くの高校生がおり、左川さんの話を聞いてもらえたことは、会のメンバーの1人として本当にありがたく思った。

左川さんは、そうした若者に対して『周囲に流されず、自分の考えをしっかりと持つことが大切』と語っていた姿が印象的だった。
この日のイベントでは、このほかに谷川俊太郎の詩『せんそうしない』の朗読や、真岡市出身のフルート奏者である大越絵梨花さんによる演奏などが披露された。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市議会は 281位】

早稲田大学マニュフェスト研究所が毎年発表している「議会改革度調査ランキング」。

 

全国の1784議会(都道府県議会+市区町村議会 ※能登半島地震で甚大な被害のあった4つの自治体を除く)の中で、真岡市議会の改革度は281位。上位300議会の1つに位置づけられました。

 

ここ数年の推移を見ると、281位(2020年)→ 298位(2021年) → 287位(2022年)という状況です。

 

この調査は概ね「情報共有」、「住民参画」、「議会機能強化」の3分野が評価対象となります。

 

約10年にわたって取り組んできた議会改革が、一定の評価を受けていることは議員の1人として嬉しく思いますが、今後の課題は特に「機能強化」。議会の政策立案能力をいかにして高めていくかであるように思います。

 

議会改革は、まだまだ道半ば。引き続き頑張ってまいります!

 

なお、議会改革度調査の詳細については、こちらをご覧ください。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive