近況報告

NEWS

【12月30日】

数日間にわたって、我が家の中の大掃除に挑む。
毎年悩みの種になってしまうのは、書類の山。議会関係の文書、研修の時にいただいた資料、各種行事の案内文等々…。
これまでの経験を踏まえ『年末に大変なことになってしまうから』と、暇を見つけては整理をしてきたはずなのだが、どういう訳か年末になると茫然とするほど溜まっているのである。
1つ1つの書類を眺めていると、その都度『あぁ、今年はこんな出来事もあったなぁ』と、様々な思い出がよみがえってくる(思い出にふけってしまうから、さらに時間がかかってしまうのですが)。
今年を振り返ってみると、5月に石坂新市長を迎え、全国初となる『BCP(事業継続計画)策定推進都市宣言』を行うなど、これまでと比べて矢継ぎ早に各種施策が行われるようになったと感じている。そのスピードに我々議員もついていかなければならない。
来年は自分も45歳になり、父親が亡くなった年齢に到達することになる。何とも不思議な気分だが、だからこそ、訴える政策の中身はもちろんのこと、1人の人間としても、より一層研鑽を積んでいきたいと思う。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市の新年度予算案を審査】

真岡市議会では、議員による一般質問が終わり(その模様については、後日ご報告いたします)、2月29日(木)から常任委員会が開かれています。

 

今、全国の地方議会では、どこも新年度の予算審査の真っ最中です。でも、審査の方法は、議会によって大きく違うと思います。

 

真岡市議会の場合は、まず3つある常任委員会に予算審査を分割委託して、それぞれ2日間(計6日間)担当部署の予算案を審査します。そして、より慎重審査を期するため、全議員で構成する「予算審査特別委員会」で再審査する流れとなっています。

 

日程としては、
◆2月29日(木)、3月1日(金) 民生文教常任委員会
◆3月4日(月)、5日(火)    産業建設常任委員会
◆3月6日(水)、7日(木)    総務常任委員会
◆3月12日(火)         予算審査特別委員会
(※各委員会は、どなたでも傍聴することができます)

 

それぞれの委員会が異なる日に開催されているため、所属委員会でなくても傍聴して、予算審査特別委員会での質疑の参考にする議員も結構多いのが特徴です。

 

私も、所属は総務常任委員会ですが、29日の民生文教常任委員会を皮切りにしっかりと各委員会での同僚たちの議論を傍聴しながら、総務常任委員会、そして予算審査特別委員会にのぞんでいきたいと考えております。

 

写真は、真岡市議会で予算審査の際に用いる「予算書」と「主要施策等参考資料」。

 

真岡市議会でもペーパーレス化は進んでいるのですが、複数年度の資料と俯瞰しながら対比しやすいようにと、予算資料と決算資料に限っては紙資料が用意されます。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive