近況報告

NEWS

【重い言葉でした】

5月12日(日)、真岡市立図書館で「八月の会」が主催する「今、次世代に伝えたいこと」が行われました。

 

この「八月の会」は、戦後60年を迎えた平成17年に結成され、平和の大切さと戦争の悲惨さを後世に伝えることを目的に活動していて、現在私はこの会で顧問を仰せつかっています。

 

「八月の会」ではこれまでも、戦争を経験された方から空襲、原爆、特攻隊、シベリア抑留など、様々なテーマでお話を聴いてきましたが、今回は「残留日本兵」について。

 

「残留日本兵」というと、横井庄一さんや小野田寛郎さんが有名ですが、ある調査によると、戦争終結後も現地に残り、戦闘を続けた日本兵は約1万人に及んだそうです。

 

今回お話しいただいた小野口博さん(鹿沼市在住)もその1人。山東省で終戦を迎えたものの、その後約5ヶ月間にわたって戦闘(蒋介石の軍隊に加わり、中国共産党と戦った)をする状況になってしまったのだとか。その間にも亡くなった同僚も少なくなかったとのこと。

 

御年99歳。それでも小野口さんの経験談は、私たちが聴いていても非常に鮮烈なものでした。

 

最も悔しかったのは、出征時には熱狂的に送り出されたにもかかわらず、帰還してみると周囲からの冷ややかな視線を投げかけられたことだったと言います。「日本という国は何と染まりやすいのだろうかと感じた」。

 

そして、今世界各地で起きている戦争、紛争を踏まえて「映像を見て可哀そうだと思う人もいるかもしれないが、戦争というのは結局、誰かを殺さなければ自分が生き延びられないということ。その残酷さは皆さんにも理解してほしい」。

 

小野口さんから私たちに投げられる一言一言は、本当に重いものでした。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市・斗六市(台湾)友好都市締結1周年記念式典】

5月19日(日)の午前中、KOBELCO真岡いちごホール(真岡市民会館)において、真岡市と斗六市(台湾)の友好都市締結1周年を記念する式典が行われました。

 

台湾の中南部にある雲林縣、その県庁所在地である斗六市との交流は、1983年に真岡ロータリークラブと斗六ロータリークラブが姉妹クラブを締結したことに端を発します。その後、1993年には真岡西中学校と斗六市の正心高級中學が姉妹校締結をするなど、民間ベースでの交流が続けられてきました。

 

両市が正式に友好都市となったのは昨年のこと。

 

今回の式典では、両市をオンラインで結び、真岡キッズハーモニーによるオープニング演奏、両市の市長による式辞に続いて、両市の交流の歴史やそれぞれの農産物紹介、記念品御交換などが行われました。

 

写真は、現地から式辞を述べている斗六市の林聖爵市長。

 

ちなみに、真岡市はいちごの生産量が日本一ですが、斗六市はミカンや文旦など柑橘系の栽培が盛んな地域です。今後はそうした経済・産業面での交流も期待されます。

 

なお、斗六市の皆さんは、今年10月5日(土)に予定されている「真岡市制施行70周年記念式典」に合わせて、多くの方々が訪問団として真岡市にいらっしゃる予定です。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive