近況報告

NEWS

【11月23日】

燃えるごみの約半分を占めると言われる『雑紙(ざつがみ)』。これを回収・リサイクルし、得られた益金については、発展途上国の子ども達の学校給食にあてる『雑紙チャレンジ活動』を10月23日から展開してきた。

この日は最終日で、真岡市大産業祭でブースを設置するなどした。

1ヶ月間の活動期間、真岡市や市貝町の小中学校をはじめ、地域の皆様のご協力をいただき、11.43tの雑紙を回収することができた。学校給食に換算すると2381食分に相当する。

この企画を提案したのは私である。しかし、忙しい仕事の合間を縫ってたびたび各学校に出向いて、黙々と雑紙を回収したのは数多くの青年会議所のメンバーである。『こんなことをやらせやがって!』という文句の1つも言われそうなところだが、『○○小学校では60kgも雑紙が集まってたよ~』と、電話の向こうから嬉しそうな声の報告を聞くたびに、申し訳ないやら、ありがたいやら…。

これを契機として、地域の方々に『雑紙=資源』という意識が浸透し、ごみの減量化につながればと願うばかり。
IMGP8730509 097IMG_0172509 099509 080CIMG0325

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市議会は 281位】

早稲田大学マニュフェスト研究所が毎年発表している「議会改革度調査ランキング」。

 

全国の1784議会(都道府県議会+市区町村議会 ※能登半島地震で甚大な被害のあった4つの自治体を除く)の中で、真岡市議会の改革度は281位。上位300議会の1つに位置づけられました。

 

ここ数年の推移を見ると、281位(2020年)→ 298位(2021年) → 287位(2022年)という状況です。

 

この調査は概ね「情報共有」、「住民参画」、「議会機能強化」の3分野が評価対象となります。

 

約10年にわたって取り組んできた議会改革が、一定の評価を受けていることは議員の1人として嬉しく思いますが、今後の課題は特に「機能強化」。議会の政策立案能力をいかにして高めていくかであるように思います。

 

議会改革は、まだまだ道半ば。引き続き頑張ってまいります!

 

なお、議会改革度調査の詳細については、こちらをご覧ください。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive