近況報告

NEWS

【6月29日】

001真岡市に活動拠点を置く『コットンウェイ硬式野球倶楽部』が、栃木県代表として全日本クラブ野球選手権北関東大会に出場。同クラブから“公認応援団”を拝命していることもあり、足利市の総合運動公園へ応援に駆け付けた。

初戦の相手は、群馬県代表の伊勢崎硬建クラブ。全国大会でも2度優勝している強豪であるが、5回表に奪った1点を2人の投手で守りきり、見事に1-0で勝利をおさめた。

『あと1勝で西武ドーム(全国大会)だ!』と、応援席のボルテージも最高潮。

002午後から行われた代表決定戦の相手は、“欽ちゃん球団”で有名だった茨城ゴールデンゴールズ。実は、昨年の同じ大会で0-14というスコアで大敗している。

『今回も厳しいかな…』と誰もが思っていたこの試合。先制したのはコットンウェイ。3回表に2点を挙げ、その後相手に逆転を許したが、最後まで激しい打撃戦を演じて喰らいつく。『おいおい、これは分からんぞ!』ついつい応援にも力が入る。

003最終的には4-6で敗れてしまい、全国大会出場の悲願は叶えられなかった。しかし、大半が地元出身の選手達で、お世辞にも恵まれているとは言えない練習環境の中にあっても地道にチーム力を蓄え、ここまで素晴らしい試合を見せてくれたことが何よりも嬉しい。

今後どこまでチームが強くなっていくのか、本当に楽しみである。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市の新年度予算案を審査】

真岡市議会では、議員による一般質問が終わり(その模様については、後日ご報告いたします)、2月29日(木)から常任委員会が開かれています。

 

今、全国の地方議会では、どこも新年度の予算審査の真っ最中です。でも、審査の方法は、議会によって大きく違うと思います。

 

真岡市議会の場合は、まず3つある常任委員会に予算審査を分割委託して、それぞれ2日間(計6日間)担当部署の予算案を審査します。そして、より慎重審査を期するため、全議員で構成する「予算審査特別委員会」で再審査する流れとなっています。

 

日程としては、
◆2月29日(木)、3月1日(金) 民生文教常任委員会
◆3月4日(月)、5日(火)    産業建設常任委員会
◆3月6日(水)、7日(木)    総務常任委員会
◆3月12日(火)         予算審査特別委員会
(※各委員会は、どなたでも傍聴することができます)

 

それぞれの委員会が異なる日に開催されているため、所属委員会でなくても傍聴して、予算審査特別委員会での質疑の参考にする議員も結構多いのが特徴です。

 

私も、所属は総務常任委員会ですが、29日の民生文教常任委員会を皮切りにしっかりと各委員会での同僚たちの議論を傍聴しながら、総務常任委員会、そして予算審査特別委員会にのぞんでいきたいと考えております。

 

写真は、真岡市議会で予算審査の際に用いる「予算書」と「主要施策等参考資料」。

 

真岡市議会でもペーパーレス化は進んでいるのですが、複数年度の資料と俯瞰しながら対比しやすいようにと、予算資料と決算資料に限っては紙資料が用意されます。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive