近況報告

NEWS

【1月23日】

監査委員の仕事である出納検査と定期監査が行われた。

今回、定期監査の対象となったのは、商工観光課、農業委員会、二宮支所の3課。

総選挙の影響で、11月と12月は出納検査のみで定期監査ができなかったため、1月と2月に対象の課を増やして対応することとなった。

商工観光課に対しては、ここ数年間で『SLキューロク館』や『久保記念観光文化交流館』といった観光施設が整備されたが、その効果についてお話を聞いた。

『SLキューロク館』については、開館から1年で来館者数が20万人を超えている(毎月1~2万人が訪れています)状況。地域の皆さんと連携し、様々なイベントを展開していることが来場者を増やしている要因と思われる。

一方、『久保記念観光文化交流館』は、開館から2か月で来館者数が1万1千人を超え、それに伴って近隣の『真岡木綿会館』の来館者数も大幅に増えるなどの効果も現れている。

ただし、『SLキューロク館』と『久保記念観光文化交流館』で、本当の意味での相乗効果を生み出すためには、2施設を結ぶエリアの空き店舗対策が不可欠ではないだろうか。

新規の出店者に対する支援事業について、平成25年度の利用実績は1件にとどまっており、制度の見直し・PRなど、より積極的な活用が図られるための努力が必要であるとのしてきをさせていただいた。

このほか、農業委員会については『耕作放棄地』や『農地転用(特に無断転用の問題について)』。

二宮支所については、少ない人数の職員で多岐にわたる業務を行っていることについて、日常起こっている課題について質問させていただいた。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市議会は 281位】

早稲田大学マニュフェスト研究所が毎年発表している「議会改革度調査ランキング」。

 

全国の1784議会(都道府県議会+市区町村議会 ※能登半島地震で甚大な被害のあった4つの自治体を除く)の中で、真岡市議会の改革度は281位。上位300議会の1つに位置づけられました。

 

ここ数年の推移を見ると、281位(2020年)→ 298位(2021年) → 287位(2022年)という状況です。

 

この調査は概ね「情報共有」、「住民参画」、「議会機能強化」の3分野が評価対象となります。

 

約10年にわたって取り組んできた議会改革が、一定の評価を受けていることは議員の1人として嬉しく思いますが、今後の課題は特に「機能強化」。議会の政策立案能力をいかにして高めていくかであるように思います。

 

議会改革は、まだまだ道半ば。引き続き頑張ってまいります!

 

なお、議会改革度調査の詳細については、こちらをご覧ください。

最新の記事latest articles

  • 2024/04/12
    【真岡市議会は 281位】
  • 2024/04/12
    【菅義偉 前総理にお会いしまし…
  • 2024/04/12
    【真岡市の一万本桜まつり】
  • 2024/04/03
    【今年も味噌を仕込みました!】
  • 2024/03/31
    【まちの参観日】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive