近況報告

NEWS

【5月24日~25日】

2日間、東京都品川区にて行われた『関東若手市議会議員の会』の公式研修に参加。

今回のスケジュールは以下の通り。

001-1 24日 13:00~ 議員向け行政法講座
講師:喜治賢次氏(公務員専門の塾『喜治塾』塾長)
003 15:30~ 児童虐待防止プロジェクトチーム報告会&ワークショップ
ファシリテーター:石川一喜氏(拓殖大学准教授)
007 25日 10:00~ 品川区における『市民科』の取り組み
品川区立御殿山小学校を視察

東京のメンバーが気合いを入れて準備しただけあって、非常に内容の濃い研修だった。

その中でも特に印象深かったのは、区立御殿山小学校で行われた『市民科』の授業の視察。

『市民科』というのは聞きなれない言葉だが、これは特区を活用して品川区が独自に展開している科目の名前。

イギリスなどで行われている『シチズンシップ教育』を参考としていて、『道徳』、『特別活動』、『総合的な学習』を統合させたもの。テーマも『友達との人間関係』から『地方自治』に至るまで幅広い。

006

009私達は、5年生の教室で『食育』をテーマとした授業を見学させていただいたが、児童達がいきいきと授業に取り組んでいる様子を目の当たりにして、ただ単に『教え伝える』のではなく、子ども達に『考えさせて意見を発していく』こうした授業の方が、子ども達の理解力も高まるのではないかと思えた。

惜しむらくは、特区を申請して展開されているのもので、素晴らしい取り組みであるにも関わらず、真岡市に“直輸入”ができないこと。

ただ、前週の小山市、そして今回の品川区と、2週続けて教育施策の充実化を強く推し進めている自治体の状況を目の当たりすると、真岡市の教育界がやらねばならないことがいかに多いか痛感させられる。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市の新年度予算案を審査】

真岡市議会では、議員による一般質問が終わり(その模様については、後日ご報告いたします)、2月29日(木)から常任委員会が開かれています。

 

今、全国の地方議会では、どこも新年度の予算審査の真っ最中です。でも、審査の方法は、議会によって大きく違うと思います。

 

真岡市議会の場合は、まず3つある常任委員会に予算審査を分割委託して、それぞれ2日間(計6日間)担当部署の予算案を審査します。そして、より慎重審査を期するため、全議員で構成する「予算審査特別委員会」で再審査する流れとなっています。

 

日程としては、
◆2月29日(木)、3月1日(金) 民生文教常任委員会
◆3月4日(月)、5日(火)    産業建設常任委員会
◆3月6日(水)、7日(木)    総務常任委員会
◆3月12日(火)         予算審査特別委員会
(※各委員会は、どなたでも傍聴することができます)

 

それぞれの委員会が異なる日に開催されているため、所属委員会でなくても傍聴して、予算審査特別委員会での質疑の参考にする議員も結構多いのが特徴です。

 

私も、所属は総務常任委員会ですが、29日の民生文教常任委員会を皮切りにしっかりと各委員会での同僚たちの議論を傍聴しながら、総務常任委員会、そして予算審査特別委員会にのぞんでいきたいと考えております。

 

写真は、真岡市議会で予算審査の際に用いる「予算書」と「主要施策等参考資料」。

 

真岡市議会でもペーパーレス化は進んでいるのですが、複数年度の資料と俯瞰しながら対比しやすいようにと、予算資料と決算資料に限っては紙資料が用意されます。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive