近況報告

NEWS

【不登校をテーマに研修会】

2月1日(木)の午後、宇都宮市内で開催した県内議員有志による勉強会に参加。今回のテーマは「不登校」でした。

 

令和4年度、全国の小・中学校における不登校者数は約29万9千人。10年連続で増加し、過去最高を記録。特に、ここ数年間は、毎年概ね5万人ずつ増加している状況にあります。

 

また、平成29年に「教育機会確保法」が施行され、学校に復帰することだけを目標とするのではなく、それぞれの子どもに適した学びの機会を保障していくことが求められるようになりました。だからこそ「不登校」というテーマにどのように向き合っていくべきか?従来よりも難しくなっているのが実情です。

 

そうした中、宇都宮市では今年度から「U@りんくす」という、インターネット上の仮想空間を活用した子どもの居場所づくりに取り組んでいます。目指しているのは、学校だけでなく適応指導教室などにも通えない子どもたち。この「U@りんくす」では、オンラインを駆使して、授業の配信はもちろんのこと、社会体験やスクールカウンセラーとの面談などをすることができます。

 

研修の第2部では、県内2ヶ所でフリースクールを運営しているNPO法人キーデザイン代表理事の土橋優平さんをお招きし、子どもたちや保護者と日々現場で接する中で感じている課題などについてお話をうかがいました。

 

「教育機会確保法」が施行されて間もなく7年が経ちますが、

◆子どもたちを取り巻く環境はどれほど変わったのか?

◆これまで取り残されてきた子どもたちの教育機会は確保されているのか?

◆未だに学校内で全てを解決すべき問題として扱われてはいないか?

◆このテーマのもう一方の主役である「保護者」には、どれほど寄り添えて来たのか?

 

そうした色々な疑問が浮かび上がってきて、今後地元で取り組まなければならない政策課題がいくつも見えてきた貴重な場となりました。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市の新年度予算案を審査】

真岡市議会では、議員による一般質問が終わり(その模様については、後日ご報告いたします)、2月29日(木)から常任委員会が開かれています。

 

今、全国の地方議会では、どこも新年度の予算審査の真っ最中です。でも、審査の方法は、議会によって大きく違うと思います。

 

真岡市議会の場合は、まず3つある常任委員会に予算審査を分割委託して、それぞれ2日間(計6日間)担当部署の予算案を審査します。そして、より慎重審査を期するため、全議員で構成する「予算審査特別委員会」で再審査する流れとなっています。

 

日程としては、
◆2月29日(木)、3月1日(金) 民生文教常任委員会
◆3月4日(月)、5日(火)    産業建設常任委員会
◆3月6日(水)、7日(木)    総務常任委員会
◆3月12日(火)         予算審査特別委員会
(※各委員会は、どなたでも傍聴することができます)

 

それぞれの委員会が異なる日に開催されているため、所属委員会でなくても傍聴して、予算審査特別委員会での質疑の参考にする議員も結構多いのが特徴です。

 

私も、所属は総務常任委員会ですが、29日の民生文教常任委員会を皮切りにしっかりと各委員会での同僚たちの議論を傍聴しながら、総務常任委員会、そして予算審査特別委員会にのぞんでいきたいと考えております。

 

写真は、真岡市議会で予算審査の際に用いる「予算書」と「主要施策等参考資料」。

 

真岡市議会でもペーパーレス化は進んでいるのですが、複数年度の資料と俯瞰しながら対比しやすいようにと、予算資料と決算資料に限っては紙資料が用意されます。

最新の記事latest articles

  • 2024/02/29
    【真岡市の新年度予算案を審査】
  • 2024/02/19
    【教育機会確保法と新しい不登校…
  • 2024/02/16
    【真岡市議会 “予算議会”が開…
  • 2024/02/15
    【ライブリー教室作品展】
  • 2024/02/15
    【インターン生たちとのフィール…

カテゴリーcategory

アーカイブarchive