近況報告

NEWS

【1月25日~26日】

『全国若手市議会議員の会』の役員会と研修会が京都市で行われた。

2日間の内容は以下のようなものだった。

【1月25日】

12:00~13:30   役員会

 

13:40~15:10   研修①『市民性と持続可能な地域づくり』

講師:龍谷大学准教授 深尾昌峰氏

 

15:20~17:00   研修②『地方創生をどう捉えるか』

講師:京都府立大学准教授 窪田好男氏

【1月26日】

10:00~11:30   研修③『学校跡地の活用について』

講師:京都市行財政局資産活用推進室

学校跡地活用推進担当課長 田中英明氏

065今回の研修で、特に議員から質問が数多く出たのは、研修③の『学校跡地の活用について』であった。現在、全国各地で少子化に伴い小学校などの統廃合が現在進められているが、その中で大きな課題となっているのが、学校跡地の利用である。

京都市においても、中心市街地の空洞化により子どもの人数が減り続けたため、小学校の大幅な統廃合を余儀なくされた。市の中心部にあった68の小学校が、現在は17校にまで統合再編されている。

066同市では、それらを含めた市所有の遊休地の活用を効率よく進めるため『資産活用推進室』を立ち上げたほか、民間の事業者を対象としたプロポーザルなども導入している(写真は、小学校の校舎を活用して整備された『京都国際マンガミュージアム』)。

12606816_933382400091433_907906308_n真岡市でも、平成30年度に小学校の統廃合が行われる予定であるが、その際『市役所内で対策を行う部署をどうするか』、『対象を民間事業者まで広げるか』、『都市計画の線引きをどうするか』など、これから早急に検討すべき課題は多い。

(余談)

063今回の研修先は京都市役所だった。

趣きのある市庁舎を眺めていて、中学時代の修学旅行で泊まった旅館が、確かその真向かいにあったはず…と思い出す。

『本能寺会館』(名前がインパクトありすぎです)。

062市役所周辺を歩いていたら、名称が『ホテル本能寺』に変わっていたが、すぐに見つけることができた。建物自体は老朽化していたが、1階部分にファミリーマートや丸亀製麺などのテナントが入り、我々が泊まっていた時代より使い勝手が良さそう…(この日も福岡県内の中学校の修学旅行を受け入れていました)。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

【真岡市・斗六市(台湾)友好都市締結1周年記念式典】

5月19日(日)の午前中、KOBELCO真岡いちごホール(真岡市民会館)において、真岡市と斗六市(台湾)の友好都市締結1周年を記念する式典が行われました。

 

台湾の中南部にある雲林縣、その県庁所在地である斗六市との交流は、1983年に真岡ロータリークラブと斗六ロータリークラブが姉妹クラブを締結したことに端を発します。その後、1993年には真岡西中学校と斗六市の正心高級中學が姉妹校締結をするなど、民間ベースでの交流が続けられてきました。

 

両市が正式に友好都市となったのは昨年のこと。

 

今回の式典では、両市をオンラインで結び、真岡キッズハーモニーによるオープニング演奏、両市の市長による式辞に続いて、両市の交流の歴史やそれぞれの農産物紹介、記念品御交換などが行われました。

 

写真は、現地から式辞を述べている斗六市の林聖爵市長。

 

ちなみに、真岡市はいちごの生産量が日本一ですが、斗六市はミカンや文旦など柑橘系の栽培が盛んな地域です。今後はそうした経済・産業面での交流も期待されます。

 

なお、斗六市の皆さんは、今年10月5日(土)に予定されている「真岡市制施行70周年記念式典」に合わせて、多くの方々が訪問団として真岡市にいらっしゃる予定です。

最新の記事latest articles

  • 2024/05/20
    【真岡市・斗六市(台湾)友好都…
  • 2024/05/20
    【姪っ子、最後の運動会】
  • 2024/05/15
    【岐阜県にて日帰り研修】
  • 2024/05/15
    【重い言葉でした】
  • 2024/04/30
    【広報もおかの音訳作業】

カテゴリーcategory

アーカイブarchive