【11月16日~17日】

東京の日本青年館で行われた『清渓セミナー』に2日間参加。
このセミナーは、全国の地方議員を対象にしたもので、今年で22回目を数える(私はこのセミナーの実行委員会副委員長を務めております)。
長年、日本青年館を会場としてきたのだが、リニューアル工事が行われていたため、これまで2年間は別の会場で開催してきた。しかし、今年は新しい日本青年館で行われる最初のセミナー(今年夏に完成)ということで、とても感慨深いものがある。
今回の研修は、『地域包括ケアシステムを内包したコンパクトなまちづくり』(菅原英次・岡山県高梁市川上診療所所長)、『買い物困難者対策と地域活性化の道筋』(折笠俊輔・流通経済研究所主任研究員)など、超高齢社会への対応がメニューの中心だった。
菅原所長からは、岡山県高梁市の旧川上町で、その中心部に医療・福祉・住まいの複合施設を整備し、運営している状況についてお話しいただいた。
ちょうど『現在の芳賀赤十字病院について、今後どのように利活用を図ればいいか』ということを考えていたので、自分にとっては本当にタイムリーな話が聞けたと思っている。

 

また、折笠氏の講演の途中では、今回参加した議員が小グループに分かれて『公共交通のあり方』などについてディスカッションを行った。
私達のグループには、宮城、山形から岡山、広島、そして熊本まで、全国様々な地域の議員がいたが、地元の公共交通について現状を聞いてみると、真岡市のようにコミュニティバスとデマンドタクシーを組み合わせて運行している自治体は、案外少ないことに気づかされた(参加議員の自治体では、デマンドタクシーに絞っているところが多かったです)。
確かに、今後自動車の運転ができない高齢者が増えてくると、『ドアツードア』の交通手段が必要不可欠である。真岡市としても公共交通体系のあり方について、現状を当たり前とせず、もう1度根本から問い直してみるべきかもしれない。

 

さて、17日の午後からは豊島区役所に移動。同区役所内で行われた『関東若手市議会議員の会』の政策部会主催による研修の方に参加した。

今年度、『関東若手市議会議員の会』では、議員立法のスキルを身につけることを1つのテーマとしている。今回は、青山社中株式会社の方々にご協力をいただき、条例案の作成や実在する条例の修正を体験するワークショップが行われた。

【11月11日②】

自然観察会の後、真岡青年会議所の例会『学校っていいね!~地域シンボルの新しいカタチ~』にお邪魔をする。
来年度、真岡市では4つの小学校(東沼、山前南、中村東、中村南)が廃校予定となっている。その活用法はどうあるべきか。これまで真岡青年会議所のメンバーが独自に議論を進め、今回は一般市民を対象に発表の場を設けた。
開催された場所が、旧長沼北小学校(平成20年に廃校)の校舎というのも、とてもユニークだったのではないだろうか。

パネルディスカッションでは、市貝町『いちかい子育てネット羽ばたき』の永島朋子氏、那珂川町『もうひとつの美術館』の梶原紀子氏、そして千葉県鋸南町『道の駅保田小学校』の大塚克也氏という、いずれも廃校後の校舎を活用して地域の活性化を進めている方々がパネラーを務めた。

また、このイベントでは、参加者全員が会場である旧長沼北小学校の校舎内を見学することができた。『廃校後の跡地利用をどうするべきか』という問いに対して、参加者1人1人が真剣に向き合い、考えるためには貴重な時間だったように思う。

【11月11日①】

この日の午前中、『真岡自然観察会』に参加。
今回は、二宮コミュニティセンターを起点に、五行川二宮遊水地周辺まで散策。
この地域で行われる自然観察会に参加するのは、個人的には初めてのことだった。
田園風景は広がっているものの、周辺には産業団地などもあるため『それほどの種類は見られないのでは…』と思っていた。しかし、想像していた以上に、観察できる野鳥の種類が豊富なのに少し驚かされた。

 

ちなみに、この日確認された鳥は以下の31種類。
キジ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、オオヨシガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、トビ、ノスリ、ミサゴ、オオタカ、チョウゲンボウ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ベニマシコ、ホオジロ、コクチョウ、ツグミ、シメ、メジロ、シジュウカラ
最も衝撃的だったのは、観察会の最中に猛禽類のミサゴが、上空から急降下して水の中に飛び込み、魚を捕まえる一連の動作を目の当たりにしたこと。
う~ん、こんな身近な場所で『自然の営みの凄まじさ』を体感できるとは…。

【11月8日~9日】

市議会の無会派議員と公明クラブの合同で視察研修を行い、石川県羽咋市と輪島市と訪れた。
今回のテーマは、①農山村エリアの活性化と②高齢者の見守り事業の2つだった。
(羽咋市)
昨年秋(11月21日)に、同市の元職員である高野誠鮮氏(TVドラマ『ナポレオンの村』のモデル)の講演を聞く機会があり、ぜひ1度彼が活性化に取り組んでいた神子原地区を訪れてみたいと思っていた。
視察する前に、神子原地区の農産物直売所『神子の里』に立ち寄ったが、販売に携わっている女性の皆さんがいきいきとしているのが、とても印象的だった。

 

 

同地区の人口は、かつて1000人以上いたが、それが半減(約450人)するという典型的な過疎地域だった。
そうした中、平成17年から高野氏を中心に、農業所得を向上させ後継者を育成することを最終目的としたプロジェクトが動き出す。
全国でも先駆けとなった『空き農家・農地情報バンク』や『都市部の学生との交流事業』などの取り組みにより、交流人口、定住人口の増加に努めてきた。

 

ただし、私が何よりも驚いたのは『モノの売り方』である。この事業の最終目的があくまでも農業所得の向上であるため、決して安売りなどしない。神子原地区でとれた米は、5kgで3500円という価格設定である。
高野氏の著書に『ローマ法王に米を食べさせた男』があるが、ローマ法王にコメを献上したことも、決して突飛なことではなく、同地域のブランド化戦略の1つである『ロンギング効果』(憧れている人が持っているものへの関心)を狙ってのものだった。
地理的な条件も違うため、神子原地区における農産物の売り方を、真岡市でそのまま模倣することは難しいかも知れない。
しかし、農産物に限らず地域の特産品全体について考えてみると、品物やそれを支えている人に隠されている『ストーリー性』を発掘し、磨きをかけている努力は我々に求められているように思う。
(輪島市)
現在の輪島市は、平成18年に旧輪島市と旧門前町が合併して誕生したが、10年以上が経過した今、人口が約6000人減少(現在は約28000人)しただけでなく、高齢化率も42.9%にのぼっている。
ちなみに、全人口に占める後期高齢者の割合さえ、すでに24.7%に達しているという。輪島市の状況は、全ての自治体がこれから経験する未来の形と言えるかも知れない。
この地域は、平成7年から1人暮らしの高齢者や障がい者を把握するため、民生委員による『見守りマップ』を作成するなど、以前から高齢者の安全安心のための施策には力を入れてきた。
その後も『傾聴ボランティア事業』(平成18年度~)や、電話で高齢者の安否確認を行う『おたっしゃコール』(平成24年度~)なども実施し、重層的な見守り体制を構築してきた。
民間企業と連携しての『地域貢献みまもり事業』は、平成22年度から行われてきた。郵便局や新聞・牛乳の配達員、さらには行商の方々(この辺りは輪島市ならでは、という感じでしょうか)にいたるまで、協定を締結しているのは78団体に及ぶ。
声かけなどは必要なく、配達・集金などの通常業務で何らかの異変を察知した時、市へ直接連絡することができる。市の担当者が交代で所持している携帯電話に直接つながり、24時間対応が可能となっている。

1年間に受ける連絡件数は3~4件程度とのことだが、それでも人命救助につながった事例が、これまでに8件あったという。
高齢者世帯を対象とした緊急通報システムなどを取り入れている真岡市の状況と比べると、輪島市の取り組みは即効性という面では弱いかも知れない。しかし、たとえ立派なシステムや制度を取り入れても、それが有効に機能するには周辺住民の理解と関心だと、最近痛感をしている。
『地域貢献みまもり事業』はもちろんだが、『見守りマップ』や『おたっしゃコール』まで含めて“重層的なもののいくつか”として、地域住民の関心度を高める取り組みとして捉えると、非常に意義のある事業ではないかと思う。

【11月5日】

この日、地元の大谷地区で文化祭が行われた。
この催しは、地域住民が取り組んでいる様々な文化活動を紹介する目的で開催されている。11回目となる今回は、写真、絵画、切り絵、書道など59人による133点の力作が展示された(私の母も切り絵を出展しておりました)。

毎回、ご近所の方々の隠れた才能に驚かされる。
『へぇ~、○○さんちのご主人にはこういう趣味があったのね!』
地域の方々が、お互いを認め合い、たたえ合う。一見地道な取り組みかも知れながら、そういうことの積み重ねが、地域全体の活性化につながっていくのだと思う。

【11月2日】

この日は、子宝祈願のため妻と2人で日光市内の神社へ。
『あそこへお参りに行くといいよ』と、以前から複数の友人に勧められていた場所で、日光市内に住んでいる方によれば、パワースポットとしても有名なのだという。
二荒山神社に近い場所、とは言え山道を2人でヒーヒー言いながら登っていくと、私のような鈍感な人間でも『神々しい』と感じる場所にたどり着く。

やはり、パワースポットとして相当広く知られているのだろう。夕方の時間帯だというのに、外国人の観光客(日本人はほとんどいませんでした)が多く訪れていた。
とにかく『元気な(できれば妻に似た)赤ちゃんが授かりますように…』。

【11月1日】

朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、視覚障がい者をサポートするための音訳作業に参加。今回行われたのは真岡市の広報紙である『広報もおか』の11月号。
このような『ひばりの会』の音訳作業は、広報もおかのほか、真岡新聞、市議会だよりなど年間約60回に及ぶ。
書かれてある文章を正確に読むことも大切なのだが、それ以上に頭を悩ませるのは、グラフや地図、絵などを自分の言葉でどのように分かりやすく伝えるかということ。
私が音訳を担当したのは『広報もおか』の前半部分。最大の“難敵”は表紙に何が掲載されているかの説明だった。

11月号の表紙は、先ごろ真岡市の応援キャラクターに任命された春崎野乃花さんが、ほかの仲間達と一緒に、いちご狩りを楽しんでいる様子がマンガの絵として描かれています。
春崎野乃花さんは、とちぎてれびのアニメ『まろに☆え~る』の中で、リーダーを務めているキャラクターです。

あれこれ文章を作って、結局こういう説明になったのだが…。

【10月29日②】

この日、久保記念観光文化交流館とその周辺では『久保邸ハロウィン&貞次郎さんのカレーフェスタ』というイベントが行われた。
このイベントは、真岡市ゆかりの美術評論家である久保貞次郎さんが、昭和14年に真岡小学校の卒業生へのお祝いにカレーを振る舞ったという逸話をもとに、彼の没後20年だった昨年から始まったもの。
この日は、市内から参加した11店舗のカレーが楽しめたほか、来場者がハロウィンの仮想をして会場を盛り上げた。
とても残念だったのは、この日雨に見舞われたということ。
イベントのユニークさやストーリー性はもちろんのこと、市内各種団体を巻き込んだ運営方法など、来年以降ぜひとも市内外の方々に見ていただきたいイベントだと思う。
本当は私もカレーを食べたかったのだが、後ろ髪をひかれる思い(というほど髪の毛はありませんが…)で、真岡落語研究会の活動のため茨城県筑西市の関城地区へ。
同地区で毎年恒例となっている『文化祭』の中で開催された寄席に出演させていただいた。
雨のため来場者数が気がかりだったが、それでも例年同様のお客様にお越しいただき、ホッとひと安心。私は持ちネタの1つである『風呂敷』を披露させていただいた。

(余談)
この日の夕方、とちぎテレビのニュースで『久保邸ハロウィン&貞次郎さんのカレーフェスタ』の模様が放送されており、見ていたら私の妻・光江がインタビューに答えているシーンに出くわし、大いに驚かされる。妻は私とは別行動で、友人やその家族達と一緒に会場に来ていた。
妻の話では、そのインタビューの後にハロウィンの仮装も行ったのだとか。家族としてはインタビューが通常の姿でホッとしたような、仮装後の格好も見てみたかったような…。

【10月29日①】

 この日は『中村かずひこ通信 第58号』の発行日。
朝から『通信を読みました』と何人もの方々からお電話をいただき、今号の反響の大きさに少し驚いている。
特にご意見が多かったのは、コラム『ず~むあっぷ』の内容について。
平成22年に行われた『第5回B-1グランプリ』で優勝した、山梨県甲府市の『甲府鳥もつ煮』は、同市の職員達が世に広める取り組みをスタートさせたことを紹介しながら『協働のまちづくり』が叫ばれる中にあって、行政関係者が自らを『行司役』、『後方支援担当』と決め込み、高みの見物をするようなことがあってはならないということを書かせていただいたのだが…。
今回、皆様からいただいたご意見、さらには数日前に那須塩原市と鹿沼市の研修で感じたことを踏まえると、市民と行政が今後どのように連携を図っていくかが大きく問われていることを痛感している(真岡市でも『協働のまちづくり』の第2ステージが始まりつつあるということかも知れません)。

【10月28日】

真岡市内で開催されたベンチプレスの全国大会『第18回ジャパンクラッシックベンチプレス選手権大会』の応援にお邪魔をする。
この大会には、私の地元・大谷地区に住んでいる高原浩二さんが59kg級の選手として出場していた(真岡市内では唯一の出場者)。

 

高原さんとは大谷地区のお祭り組織『伊夜日子会』で一緒に活動をしているのだが、この日は普段の陽気な高原さんとはまるで別人(こんなことを言うと怒られるでしょうか…)。
こうして地元の方が頑張っている姿を目の当たりにすると、自分も元気をもらったような気がする。
ちなみに、この大会には全国から男女合わせて340名の選手が出場。会場となったフォーシーズン静風(普段は宴会場として使われている部屋なので、こうしたスポーツのイベントで使われると、とても不思議な気持ちになります)は熱気であふれかえっていた。

【10月27日】

この日は、親戚宅にてたわわに実ったゆずを、トゲと格闘しながら収穫。
ゆずの絞りたてでポン酢を作り、鍋料理で味わうとうまいぞ(クッキングパパのように言ってみましょう)!

【10月25日~26日】

『関東若手市議会議員の会』の役員会と公式研修が、那須塩原市と鹿沼市を会場に開催された。
スケジュールは以下の通り。

25日
 10:30~11:30 関東役員会
 13:30~15:00 研修① 那須塩原市の観光の取り組みについて

 15:10~16:40 研修② 那須塩原市のシティプロモーションについて
26日
 10:00~11:50 研修③ 児童の習熟度を上げる取り組みについて
    (鹿沼市立みなみ小学校)
 13:30~15:00 研修④ 施設リノベーションと商店街再生について

 

『関東若手市議会議員の会』の公式研修が栃木県内で行われるのは、昨年の1月以来。

私自身、那須塩原市の地域ブランドを高める取り組みや、鹿沼市において風間教司さんなどが中心となって取り組んでいる中心市街地再生についてお話を伺えたことは大いに刺激となった。

共通して言えることは、その事業を進めている部門だけで自己完結することなく、周辺の人々(那須塩原市の場合は市役所内の他部署の職員や民間企業出身者、鹿沼市の場合は既存企業の若手経営者など)を上手に巻き込んでいる点が挙げられるように思われた。

また、今回の研修で最も強く印象に残ったのは、鹿沼市立みなみ小学校における取り組みだった。

同校は様々な課題を抱えながら、学校再生に取り組んできたことが全国の教育関係者から注目を浴びているということだったのだが、農村部にあるのどかな学校(全校児童は約180名)の様子を眺めていると、一体何の課題を抱えていたのかさえ理解に苦しんだ。

ただし、説明を受けていくうちに、同校周辺の地域は市営住宅や養護施設などが集中し、複雑な家庭環境であるのに加え、外国籍の児童や発達障害の傾向を示す児童などが多く在籍していることが分かった。

同校が学校再生に挑み始めたのは10年ほど前から。

『1人1人の教育的ニーズに応じたキメ細やかな指導』を目標として掲げ、知能検査である『WISC-Ⅳ』を活用した教育アセスメントの導入、児童の習熟度別に分かれての指導、さらには『多層指導もでるMIM』を導入するなど、いいと思えたものは積極的に取り入れ、見直すべき点は柔軟に対応するという姿勢で、子ども達の指導にあたってきた。

同校が特に力を入れてきたのは、児童の『言葉の力』を高めること。そのことで、授業の理解度を高め、児童間のコミュニケーションを円滑にすることで、暴力行為などが減少し、その結果、学校全体の再生が徐々に図られてきた。

この問題は、たまたま同校で色濃く表れてきただけに過ぎない。全国のほぼ全ての学校が共通に抱えている課題である。当該児童の比率が相対的に低いマンモス校などにおいては(個々の児童が抱えている課題は変わらないものの)対策が遅れていることは、我々も見逃してはならない。

今後、栃木県内の若手議員の勉強会では、みなみ小学校において学校再生に取り組みはじめた当時の校長先生にお話を伺うなどして、この問題について一層の理解を深めていきたいと考えている。