【9月9日】

質疑・一般質問の1日目。この日、私は2人目として登壇し、所属会派の『もおか新時代』を代表して以下の5件について質問を行った。

1.新庁舎周辺整備事業について

(1)新たな図書館の蔵書数や閲覧スペース、駐車・駐輪スペース等について

(2)対象エリア周辺の空き家・空き店舗対策等について

2.ふるさと納税について

(1)平成30年度の収支状況について

(2)さらなる財源確保に向けた取り組みについて

(3)制度自体の見直しについて

3.防災・減災対策について

(1)災害図上訓練のさらなる普及について

(2)救援物資保管のあり方についてについて

(3)避難所のあり方について

4.協働のまちづくりについて

(1)『協働推進課』の設置について

(2)生涯学習講座『新・真岡市民大学』の立ち上げについて

5.起業家等の育成・支援について

(1)市長の公約『ローカルベンチャー企業創出支援』に対する自己評価について

(2)インキュベーション・マネージャーの現状について

(3)起業家の活動拠点整備について

執行部は答弁の中で、

●真岡市のふるさと納税は、約3200万円の赤字(平成30年度)であったこと

●総合運動公園内に整備計画中の災害用備蓄倉庫は、令和5年度完成予定であること

などを明らかにした。

空き家・空き店舗対策、ふるさと納税、防災・減災対策、協働のまちづくり、起業家の育成等々…。今回質問で取り上げたテーマは、いずれも『市民の主体的な取り組み』が期待されるものである。

違う言い方をすれば、行政が“待ちの姿勢”であってはならない課題でもある。それらが円滑に進むためには、行政側からの積極的なアプローチ、仕掛け、誘導策というものが求められる。

私だけでなく、今回質問した議員に対する答弁全体を見ていると、そうした意識が行政内部において、まだまだ希薄であるように感じられた。

例えば、起業家が育つためには起業家自身の努力が不可欠なのは言うまでもない。しかし、『空き店舗バンク』に登録している店舗数がわずか2店舗では、活動の場を確保することさえ不可能である。その結果、真岡市の出身者が、市外で起業している事例が散見されていることなどについては、もっと重く受け止めるべきだと思う。

【9月8日】

荒町の久保記念観光文化交流館で行われた『第50回納涼落語会』に出演。

この落語会は、真岡高校落語同好会の1期生達が、高校を卒業した直後の昭和45年にスタートさせた企画。毎年開催を続けて今回が50回目の節目となった。

そうした記念すべき回に、約50人の方々がご来場になり、私達出演者も大いに励みになった。

今回は、9名のメンバーが高座に上がり、私は持ちネタの1つ『風呂敷』を披露させていただいた。

【9月7日】

この日は、市内の各中学校で運動会が行われ、私は真岡東中学校と真岡中学校の2校にお邪魔をした。

前日までは比較的涼しい日が続いていたのだが、この日は一転して夏の暑さが舞い戻ったような陽気。

そんな中、両校の生徒達は(注:先生方も…でした)グラウンド上で、クラスの名誉をかけた“熱い戦い”を繰り広げていた。

 

 

 

 

 

 

【9月2日】

この日の朝『あいさつボランティア』に参加。長かった夏休みを終え、子ども達も2学期に突入することに…。

生活のリズムが激変するため、学校生活になじめなくなる子どもも多いと聞く。だからこそ、私達もできるだけ元気な声で子ども達を送り出してあげたい。

 

さて、この日からいよいよ9月定例議会が開会した。

今回執行部から提出された議案は、教育委員や人権擁護委員などの人事案件、森林環境基金条例の制定や工事請負契約(長田小学校の校舎増築建築工事)など、合わせて22件。

日程は以下の通り。

   9/2    開会

     9   質疑・一般質問

    10     質疑・一般質問

    12   民生文教常任委員会

    13   民生文教常任委員会

    17   産業建設常任委員会

    18   産業建設常任委員会

    19   総務常任委員会

    20   総務常任委員会

    26   決算審査特別委員会

    30   閉会

9月定例議会は“決算議会”と呼ばれ、前年度の決算審査が最も重要なテーマとなる。

議員の中には、決算の審査を『もう使ってしまったもの』と捉えている人も残念ながら少なくない。先月の26日に行った決算審査の勉強会に出席していた他市の議員の話を聞いても、状況はあまり変わらないらしい。

しかし、決算をどれだけチェックできたかによって、次年度の予算編成は明らかに変わっていくもの。そうした意識を保ちながら、しっかりとチェックをしていきたい。

なお、9日と10日に行われる質疑・一般質問で登壇するのは、私を含めて9名の議員。

9月9日

柴惠、中村和彦、荒川洋子、春山則子、麦倉竹明

9月10日

櫛毛隆行、飯塚正、佐々木重信、七海朱美

なお、市議会は質疑・一般質問はもちろんのこと、各委員会も傍聴が可能なので、お時間のある方は(開始は全て午前10時から)、ぜひ足をお運びいただけたらと思う。

【9月1日】

『防災の日』だったこの日、鬼怒自然公園で栃木県・真岡市総合防災訓練が行われ、私達議員も参加をした。

この日の訓練では、県南東部で直下型地震が発生し、真岡市において震度7を観測するという想定で実施された。

訓練には約1300人が参加。土砂災害からの救出をはじめ、電気・ガス・水道などライフラインの復旧に至るまで、約50の訓練種目が取り組まれた。

【8月31日】

この日は、二宮地区の砂ケ原橋近辺で『尊徳夏まつり』が行われた。

『3度の飯より花火好き』を自認する妻(さすがに飯の方が好きだろうとは思うのですが…)に、数日前からテンション高めに誘われて、尺玉花火や特大スターマインなど約1万発の花火を堪能した。

【8月29日】

8月25日(日)に告示された鹿沼市議選に、4回目の当選を目指して出馬をしている小島実さんの応援にお邪魔をする。

小島さんは、昭和25年生まれ。私とは親子ほど歳が離れている。

しかし、県内の議員有志にも勉強会にも積極的に参加し、常に新しい知識を得ようとする姿勢には頭が下がる。

今回の選挙戦では『緊急提言』として、高齢者ドライバーのための急発進防止装置に補助を出すということを掲げている。

高齢者の自動車事故が後を絶たない。その対策を考える時、私達はどうしても『公共交通網の充実化』、つまり高齢者の免許返納をいかに促すか、という方に目が行きがちになる。

しかし、小島さんは『それでは中山間地に住む高齢者の生活は守れない』と訴える。

政策の中身もさることながら、選挙期間中の配布が認められことになった『政策ビラ』の特色を活かし、自身の目玉政策を『緊急提言』として訴える柔軟性。

それは、今まで意欲的に研鑽を積んできた小島さんだからこそできるものなのだと思う。

※9月1日の投開票の結果、小島さんは4回目の当選を果たすことができました。

【8月28日】

この日は、9月定例議会の質疑・一般質問の通告書提出期限。

今回、私は所属会派の『もおか新時代』を代表して質問をさせていただくこととなった。市議会議員になって17年目であるが、会派代表質問は私自身にとって初めての経験である。

5月の会派結成から、メンバー間で勉強会や話し合いを重ね、代表質問の内容についても全員で検討を行ってきた。

そうしたメンバー全員の想いを乗せて、しっかりとした質問をしていきたい。

なお、今回は『新庁舎周辺整備事業について』、『ふるさと納税について』、『防災・減災対策について』、『協働のまちづくりについて』、『起業家の育成・支援について』の5件について質問をする予定。

【8月26日】

この日は、9月定例議会の開会を1週間後に控え、午前中から『会派代表者会議』、『議会運営委員会』、『議員協議会』などの会議が続いた。

その後、所属会派『もおか新時代』の勉強会を午後から開催。今回のテーマは『決算審査の方法』について。

この勉強会には、栃木県や群馬県の市議・町議の方々にも多数ご参加いただいた。

実を言うと、今から3年前にも栃木県内の若手議員達で決算審査の勉強会をしたことがある。当時、私が監査委員の仕事を終えた直後ということもあり“講師役”を務めた。

今回も、まず私が決算審査の方法について、基本的な資料の読み解き方などをお話しした。

その後、参加した議員が実際に行っている決算審査の方法について情報交換へ。

『自治体の数だけ議会制度がある』と言われることがあるが、決算資料の内容も、決算審査のプロセスも、議会によってこれほど違うものなのかと今回改めて驚かされた。

私は、決算資料の読み方や質疑の方法も(基本的な部分を外さなければ)議員によって千差万別でいいのではないかと思っている。だからこそ、数多く議員が集まって情報を交換することで、それぞれの視野が広がって行くはずである。

今回の勉強会で私自身の視野も広がったが、『もおか新時代』のメンバーにとっても大きな刺激となったのではないだろうか。

【8月24日】

地元の大谷地区で行われた夏祭りに参加。

このお祭りは、平成11年にスタートして今年で20周年。平成23年に東日本大震災で1度中止になったため、回数もちょうど20回目の節目を迎えた。

大谷地区の屋台は、元々は神戸製鋼所が運動会などで使用していたもの。住民の有志が同社から譲り受け、毎年『伊夜日子会』のメンバーを中心に、様々な改良を重ねて現在に至っている。

私は今、その屋台の木頭(運行の指示をする係)を担当している。大谷地区は坂道や極端に狭い曲り角など数多くの難所があり、運行中の苦心は絶えないが、それが醍醐味になっているのも事実。

今回も多くの方々にご協力いただき、無事に屋台の運行を行うことができた。特に、炎天下の中で一生懸命に声を張り上げて屋台を引っ張ってくれた子ども達には心から拍手を送りたい。

その後、午後7時からは『もおか木綿踊り』に市議会チームの一員として参加。文字通り『祭り漬け』の1日だった。

【8月20日~21日】

議会運営委員会と議会活性化等検討委員会の合同による視察で、神奈川県横須賀市と藤沢市を訪れた。

真岡市議会は、日本経済新聞社が全国815市・区議会を対象に行っている『議会活力度調査』で、2014年度に792位だったものを、2018年度には297位まで改善することができた。

今後、さらに議会活性化を進めていくために、全国的に評価の高い横須賀市議会(上記調査で9位)と藤沢市議会(上記調査で74位)を視察できたことは大変意義深かった。

(横須賀市)

横須賀市議会が議会改革に取り組み始めたのは、平成10年からと全国的に見ても非常に早い。

その後、第1次~3次にわたって『議会制度検討会』が設置(平成13~23年)され、平成23年5月には『議会基本条例』を制定させている。

現在は『議会改革の第2ステージ』と位置付け、議会全体の政策立案向上に取り組んでいる。

平成28年に、関東学院大学と包括的パートナーシップ協定を締結したのに加え、翌29年には議会内部に『政策検討会』を設置。これまでに、ごみ屋敷対策やがん対策の条例を議員主導で制定させてきた。現在は、全会派から賛同が得られた『歯と口腔ケア』の課題に取り組んでいるとのことだった。

今後、真岡市議会でも、議の政策立案向上は大きな課題である。そうした中で、横須賀市議会のように、外部の機関との連携強化、さらに全議員がまとまって政策立案を進める『チーム議会』という意識づけは今後参考にしていかねばならないと思った。

(藤沢市)

藤沢市議会の議会改革は、平成20年に『議会活性化検討会』が設置された時点から本格的にスタートした。その当時から『市民に開かれ、親しまれる身近な議会づくり』をテーマとして掲げており、一般質問における一問一答方式の採用や、議会のインターネット中継を実現させてきた。

平成25年には『議会基本条例』を制定し、同年には第1回目となる『議会報告会・意見交換会』を開催している。

しかし、参加者の固定化、参加人数の減少など、どこの議会でも抱えている課題に直面するとともに、議員と参加者間で意見の対立も見られるようになった。

そうした中にあって、今回私達に説明をしてくださった柳田秀憲議員などが中心となり、専門家のアドバイスを受けながら、より市民が参加しやすい『カフェトークふじさわ』に平成27年度から変えていった。

これは、ワールドカフェ方式で、参加者と議員が同じテーブルで、お茶を飲みながら自由に話し合う雰囲気の中で行うことを主眼に置いている。

これまでに『投票率アップ』や『藤沢市のシビックプライド』などの課題をテーマに開催してきたが、これにより参加者の満足度が大きく高まることとなった(28%→80%)だけでなく、若年層や女性の参加者も増加するようになったという。

昨年度、真岡市議会でも『議会報告会・意見交換会』を初めて開催した。しばらくの間は、現在の方法を踏襲していくのだろうが、どこかの場面で、藤沢市議会などが直面した課題を経験することになると思われる。

そうした際に、できるだけ多くの市民が参加できるような方法というものについて、私達も心を砕いていかなければならない。

【8月19日】

昨年8月に『全国若手市議会議員の会』を無事卒業した私だが、この日はそのOB会の総会と研修会が、茨城県の守谷市などを会場にして行われた。

今回の研修会では『つくばエクスプレスの沿革と現状について』と題し、首都圏新都市鉄道株式会社の方や、つくばみらい市の小田川浩市長からお話を伺った。

その後、つくばエクスプレスの車両基地見学も行われたが、以前に真岡鐡道と関東鉄道、つくばエクスプレスとの連携について議会で一般質問をさせていただいたこともあり、つくばエクスプレスの現状や今後の展望について、関係者の方々からお話を聞けたことは今後の参考となる点が多かった。

これまで、全国で活動する仲間達と情報交換や切磋琢磨を続けてきたが、こうして絆を深める機会を引き続き与えていただくことは、大変ありがたいことだと感じている。